経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

起業するときに誰もが知っておくべき銀行融資のこと!

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

銀行融資コンサルタントの鳥倉です。

 

銀行取引というと
預金口座を開設して
給料振込や支払い振込
なでどで利用します。

 

最近はインターネットの
普及で窓口に行く機会も
少なくなりました。

 

大きな取引としては
家を購入する時の
住宅ローンがあります。

 

いずれにしろ
あまり馴染みがなく
どんな仕事をしているのか
イメージしずらいのでは
ないでしょうか。

 

ただこれから起業する方は
銀行取引が重要になります。

 

特に資金の借り入れに
必要な融資は起業の
成功を大きく左右します。

 

これから起業する方の
ために銀行の融資について
以下にまとめてみました。

 

  • 銀行融資とは
  • 銀行の融資審査は厳しい
  • 格付けが重要
  • 起業するときに知っておきたい銀行融資の知識のまとめ

 

 

銀行融資とは


融資という言葉は
聞きなれないかも
しれませんが
お金を融通すること
すなわちお金を貸すこと
と理解してください。

 

ローンと呼ばれることもあります。

 

事業あるいはビジネスに
銀行が利息を取り資金を貸し付ける
ということになります。

 

実は銀行融資は事業でお金を
借りたい法人・個人に
対して誰にでも貸してくれる
わけではありません。

 

 

銀行は貸し出しに対して
一定の内部基準を設けて
その基準を満たしているか
審査をします。

 

 

そん内部審査を通過した
法人・個人にだけ融資を
します。

 

 

融資をした資金が
しっかり返済できるか
どうかを判断しています。

 

中小企業や小規模事業者は
担保や収益性の低さなどから
銀行の融資が受けずらい
現状があります。

 

起業家は起業・創業時に
審査できる実績がないので
事業計画や担保・創業者の
経歴などを重視することに
なりますがそれだけでは
審査を通過するのは
かなり難しいと言えます。

 

中小企業や小規模事業者
創業者などの信用不足を
考慮して融資をするのが
日本政策金融公庫です。

 

信用保証を提供することに
より銀行融資をサポート
してくれるのが
信用保証協会です。

 

 

信用保証協会が保証を
付けてくれれば銀行は
融資をしてくれます。

 

起業家にとって

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会

 

はとても頼もしい存在です。

 

銀行の融資審査は厳しい


事業が安定して継続できるのか

お金を返済してくれる能力があるのか

など厳しく審査されます。

 

事業の実績があっても
細かくチエックされるので
実績がない起業家は
審査の対象になることは
ないでしょう。

 

融資審査の流れは以下1~5になります。

  1. 融資申込者(法人・個人)
  2. 営業担当者
  3. 課長(上席)
  4. 支店長
  5. 本部(審査部)

 

こんな感じで流れて行きます。
もちろん途中でダメ(NG)と
なればそこで終わりです。

 

融資がおりるような
案件は事前にある程度
目度をたててから稟議を
あげるので稟議をあげた
時点で融資審査をほぼ
通過すると言えます。

 

営業担当者が
難しいと判断する案件は
その時点で断られます。

 

銀行によっては支店長に
融資金額の権限を
もったせて決裁しています。

 

たとえば1億までは
支店長決済みたいな
感じです。

 

上記の融資審査のラインを
知っておくと銀行取引が
スムーズになります。

 

 

融資審査は格付けが重要


銀行融資の内部審査では
決算書などを分析し
「格付け」を決めます。

 

簡単に言うとランキングです。

 

銀行によって多少違いますが
格付けは5~10程度の段階に
区分されています。

 

この格付けで融資は
ほぼ決まります。

 

格付けは決算書の数値が
影響するといっても
良いでしょう。

 

格付けが高い事業者は
融資を受けやすいし
格付けが低い事業者は
融資を受けにくくなります。

 

銀行融資の重要なポイントが
格付けです。

 

格付けの評価ウエイトは
決算書の数値が大きく
占めています。

 

でも創業当時はこれから
事業を開始するので
決算書がありません。

 

格付けできないし
仮にしたとしても
決算書がないので
格付けは低くなります。

 

いずれにしろ創業時には
融資が受けにくいと
いうことです。

 

創業して2~3期分の決算書が
提出できるようなって初めて
格付けが付き銀行融資が
可能になります。

 

それまでは決算書の数値が
良くなるよう経営努力をして
収益を向上させましょう。

 

 

起業するときに誰もが知っておくべき銀行融資のこと!のまとめ


起業するときに考える
調達先は銀行がはじめに
思い浮かびます。

 

でも実際には
起業時の銀行融資は
ハードルが高く難しいと
いうことを理解しましょう。

 

起業時の融資ははじめに

  • 日本政策金融公庫の融資
  • 自治体の制度融資

 

を検討し2~3年の
実績を積んでから
銀行融資にチャレンジするのが
良いのではないでしょうか。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2019 All Rights Reserved.