経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

創業計画書作成の秘訣【日本政策金融公庫】

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

日本経済が成熟していく中で
日本企業でも複業・兼業など
多様で柔軟な働き方を導入する
動きが始まっています。

 

さらに企業で働くだけではなく
創業・起業という選択肢も
最近は増えてきています。

 

今までの経験を活かして事業を
立ち上げたり、新たなベンチャー事業を
開発するなどして創業・起業する
という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

創業・起業時に
必要になるのが資金です。

 

 

事業にかかる資金を
すべて自分で準備するの
なかなか難しいものです。

 

創業・起業するときに
積極的な融資をしているのが
日本政策金融公庫です。

 

創業・起業時の融資は
事業実績がなく失敗リスクが
大きいので民間金融機関では
なかなか扱いにくいものです。

 

そんな創業起業融資の部分を
日本政策金融公庫が
カバーしています。

 

 

日本政策金融公庫の創業者向け
融資は利用するには
必要書類を提出して
審査を受けなければなりません。

 

その創業融資審査で
非常に重視されているのが
創業計画書です。

 

これから創業起業する
あなたには事業実績が
ありません。

 

どんな事業をするのか?

 

創業する事業はしっかり
売上を上げ借入金の返済原資を
しっかり確保できるのかなどを
確認するのが創業計画書です。

 

とても大切な書類ですが
どのようなことに注意して
作成したら良いのでしょうか。

 

 

国民政策金融公庫の
創業計画書を作成する方法を
以下にまとめました。
あなたが創業・起業するときに
お役立てください。

 

  • 創業計画書に何を書いたら良いのか?
  • 創業計画書を作成するときに注意することは
  • 創業計画書作成の秘訣【日本政策金融公庫】まとめ

 

 

創業計画書に何を書いたら良いのか?


ここでは
創業起業時に
無担保・無保証で利用
できる日本政策金融公庫の
新創業融資制度で提出する
ための創業計画書を作成します。

 

まず全体のイメージをつかむために
日本政策金融公庫の動画を
見てみましょう。

「創業計画書って何ですか?」

 

いかがでしたか。
ポイントをまとめた
わかりやすい動画ですね。

 

ここで説明されている
ポイントをしっかり
押さえましょう。

 

 

日本政策金融公庫では
創業計画に関して
問い合わせの多い項目
Q&Aにまとめています。

 

こちらも大変参考に
なるので確認してください。

 

創業計画Q&A

 

日本政策金融公庫では以下の
書式を準備しています。
創業計画書(エクセル版)
創業計画書(PDF版)

創業計画書のダウンロード

 

借入の申込時に提出する
創業計画書の書式です。
多くの方はこの書式を
利用しています。

 

所定の創業計画書の
項目内容が記載されていれば
オリジナルの書式を使用しても
かまいません。

所定の創業計画書に書ききれない
場合は資料を追加しましょう。

 

創業の手引

日本政策金融公庫が創業者向けに
作成した小冊子です。
わかりやすく創業計画書の作成方法が
記載されています。

 

コンパクトですが
非常によくまとまっています。

 

わかりにくい創業起業本を
アマゾンで購入しなくても
この一冊で創業起業のことは
基本的に理解できるので
活用してください。

 

創業セミナー情報

もう少し詳しく知りたい人は
セミナーで知識を深めましょう。

 

 

動画や書式、創業の手引を
見ていただいて創業計画書の
イメージはわきましたか?

 

簡単にまとめると
次のようになります。

 

あなたがこれから創業しようと
している事業のアイデアが
たくさん頭の中にあるのでは
ないでしょうか。

 

その内容をしっかり整理して
誰にでもわかりやすい文章に
して理解してもらうことです。

 

さらにビジネスである以上
利益が必要です。

 

それは借入金の原資に
なりますので具体的に
根拠のある数値で説明
しなければなりません。

 

あなたの創業計画書文章を
数値で表現した計画資料
を作成するということです。

 

それではどんなことを
書けばよいのか
見ていきましょう。

 

 

創業計画書を作成するときに注意することは


日本政策金融公庫の
創業計画書の作成手順は

【平成28年版創業の手引】

 

によると次のようになります。

平成28年版 創業の手引 日本政策金融公庫作成

 

  1. 全体の構想、事業イメージ
  2. 具体的な事業内容
  3. 創業時の資金計画
  4. 収支計画

 

このような流れで
事業計画を作成します。

1.2は文章化して
3.4で数値化していきます。

 

次に日本政策金融公庫の
創業計画書の書式を見て
みましょう。

 

 

創業計画書のダウンロード

 

 

創業計画書は次の
8つの項目に分かれています。

  1. 創業の動機
  2. 経営者の略歴等
  3. 取扱商品・サービス
  4. 取引先・取引関係等
  5. 従業員
  6. お借入れの状況
  7. 必要な資金と調達方法
  8. 事業の見通し

 

基本的な記載方法は

創業の手引

を参考にしてください。
簡単に書き方の注意点を
まとめておきます。

 

創業の動機

ここで創業の目的・動機を書きます。
企業でいえば経営理念になります。
ここは簡素化せずあなたの考えを整理して
しっかり目的・動機を伝えます。

しっかり時間をかけ考えて
アウトプットしてください。

創業者が事業に関連する
経歴・職歴があればその点を
強調して動機や目的は簡潔でも
かましませんが事業の経験や実績が
ない場合はこの項目が重要になります。

 

 

経営者の略歴等

創業する事業に関連する
経歴・職歴・実績などが
あればその点を詳細に記載して
アピールしてください。

事業経験がなく創業する
場合、記載することが
ないので特になしという
記載のないようにしてください。

あなたが創業を考えたときに
あなたの仕事や日常で何かしら
きっかけがあったと思います。

そのことをしっかり思い出して
記載するようにしましょう。

また事業のビジネスモデルや
優位性等をしっかり説明する
ことも大切です。

 

 

取扱商品・サービス

売上を構成する内容に
なりますので注目が高い
項目です。

あなたが理解していても
審査担当者が理解している
とは限りません。

その点を踏まえて
初めて聞く人にも
わかりやすいように
丁寧に記載して下さい。

セールスポイントは
とても重要になりますので
どんなところが優位で
差別化されているかなど
しっかり記載しましょう。

 

 

取引先・取引関係等

売上・仕入先で
具体的な取引先あるいは
今後予定されている先が
あれば詳細をできるだけ
多く記載して下さい。

売上先や仕入先が
多いということは
安定した将来の経営が
イメージしゃすくなります。

 

従業員

従業員を雇用する場合は
予定している人数を記載
してください。

 

お借入れの状況

事業資金以外の借入が
あれば記載してください。

 

必要な資金と調達方法

創業事業全体にどのくらい
お金がかかりどこから
資金を調達するのかという
資金計画を記載します。

ここで重要なのは
自己資金と
日本政策金融公庫の
借入金とのバランスです。

理想は自己資金のが
多いことです。
総事業資金の3割程度は
ほしいところです。
最低でも1割程度
ゼロというのは避けたいです。

 

事業の見通し

この項目は注目されますので
しっかり記載して必要に
応じて付属資料を添付
しましょう。

特に重要なのは売上です。
売上の算出根拠と開業後
どのように売上が推移して
いくかしっかり説明します。

 

どうしても希望的に
売上を高めに予想しがちです。
ここは必ず実現できる
保守的な数値売上を
入れて下さい。

 

保守的な売上高でも
資金繰りが確保でき
借入金も返済できる
という計画が必要です。

 

創業の手引

にも記載されていますが
付属資料として

  • 売上予測
  • 収支計画
  • 返済計画

 

を提出することを
おススメします。

 

 

 

創業計画書作成の秘訣【日本政策金融公庫】のまとめ


大切なこと
創業計画書の作成で
特に注意してほしいのが
空欄を作らないことです。

 

当り前のことですが
空欄などあれば
創業の熱意はまず
伝わりません。

 

書式のスペースを見ていただくと
わかりますが、非常に狭いスペース
です。

 

書ききれないことがたくさん
出てくると思います。
逆にこのスペースだけで
おさまる内容の創業計画書って
どうかなあって率直に思います。

 

そもそも大丈夫って
審査担当者も感じるのでは
ないでしょうか。

 

無理に中身のない
文章を増やす必要は
ありませんが
事業計画の根拠のある説明と
創業への熱い思いは
可能な限り記載してください。

 

創業計画書の右上注意事項には

 

この書類に替えて、お客様ご自身で
作成された計画書をご提出いただいても
結構です。

 

という記載があります。

 

ぜひ日本政策金融公庫の
創業計画書の書式には
書ききれないような
あなたのオリジナルな創業計画書を
作成して熱い思いを伝えてみましょう。

 

 

創業の成功要素

創業計画書をしっかり
作成することは重要なこと
ですがそれ以上に大切なのは
創業を成功させることです。

 

最後になりますが

創業の手引

に記載されている
創業に成功するための
5つのポイントをぜひ
参考にしてください。

 

  1. 優れたアイデア
  2. 事業に関する経験
  3. 幅広い人脈
  4. 綿密な情報収集
  5. 自己資金

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2018 All Rights Reserved.