経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

日本公庫の創業計画書の書き方⑤⑥<従業員・お借入れの状況の記入で注意したいポイント>

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

日本政策金融公庫の創業融資審査
において重要な役割を果たす
「創業計画書」の書き方を
わかりやすくお伝えします。

 

創業計画書のダウンロードはこちらから

創業計画書のエクセル書式はこちらから

 

「創業計画書の書き方」5回目は

従業員・お借入れの状況

について説明いたします。

 

小さな記入欄ですが
ポイントを押さえて
記入しましょう。

 

 

創業計画書の書き方については
下記の記事も参考にしてください。

【創業計画書の書き方④】取引先・取引先関係等の記入で注意したいポイント

 

 

 

創業計画書の従業員の書き方

従業員の記入欄は
常勤役員の人数、従業員数
パート従業員にわかれています。

 

法人で申し込む場合は
常勤役員の人数を
記入します。

 

  • 常用で雇用する従業員数
  • 家族従業員数
  • パート従業員数

 

をそれぞれ記入します。

 

従業員数は過不足はないか
判断する基準になります。

 

 

過剰人数だと人件費が
増え運転資金を圧迫します。

 

逆に従業員数が
不足している
場合は事業運営に
支障をきたします。

 

適正人数になっているか
確認しましょう。

 

パート従業員については
時給と時間も把握します。

 

パート従業員2名
とした場合

6時間勤務2名と
3時間勤務2名とでは
人件費が大きく変わり
ますので勤務体制を
把握して説明できるよう
にしましょう。

 

当初は1人で
開業する場合も軌道に乗ったら
売上拡大に応じて増員を
計画しておきましょう。

 

 

 

創業計画書のお借入れ状況の書き方


事業主個人・法人代表者個人の
借入状況を記入します。

 

資金使途につていは

  • 事業
  • 住宅
  • 教育
  • カード
  • その他

となっています。

それぞれの使途に
チエックを入れます。

 

住宅・車・教育ローン
などは一般的な借入なので
高額すぎなければ
問題になることは
ありません。

 

この欄を記入するときは
隠さず正確な金額を記入
するようにしましょう。

 

融資担当者には
わからないと思って
記入を省略しても
個人信用情報機関
照会すれば判明します。

 

借入申込書の同意事項
個人信用情報機関への
照会・登録等について
記載されています。

 

 

借入申込書の書き方については
以下の記事参考になります。

日本政策金融公庫の新創業融資の借入申込書【書き方のコツ】

 

 

【個人信用情報機関】

株式会社シー・アイ・シー

全国銀行個人信用情報センター

株式会社日本信用情報機構

 

 

 

消費者ローンや
カードローンの残高が
あると審査の評価が
下がる可能性はあります。

 

可能であれば融資申込前に
返済しておくのが理想です。

 

融資担当者としては
手軽に借りられる
消費者ローンや
カードローンの
残高があると浪費癖を
疑います。

 

また融資後の資金を
消費者ローンやカードローンの
返済に流用されるのではないかと
心配されます。

 

借入申込までに
完済できないようで
あればなぜ借りたのか
消費者ローンやカードローンの
資金使途を可能な範囲で
説明できるように
しておきましょう。

 

 

【創業計画書の書き方⑤⑥】従業員・お借入れの状況の記入で注意したいポイントのまとめ


従業員・お借入れの
状況の記入については
難しい点はありませんので
上記のポイントを押さえて
記入してみましょう。

 

 

借入状況を記入するときに
消費者ローンやカードローンの
残高があると審査評価で
マイナスになる可能性は
ありますが隠さず正確な
金額を記入しましょう。

 

 

隠して正確な金額を伝えない
ことにより心証を悪くするより
しっかりと金額を伝え
創業計画書全体でプラスの
評価を得られるように
心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2018 All Rights Reserved.