経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

創業計画書の書き方の基礎知識【日本政策金融公庫】

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

日本政策金融公庫の
創業融資の審査で
重要になる書類の一つに
創業計画書があります。

創業計画書について知りたい方
(コチラの動画が参考になります。)

 

 

創業融資の審査の可否
にも影響を与えますので
ポイントをおさえて
作成することで融資の
獲得に近づくと言えます。

 

起業家でどのように
作成したらよいか
悩んでいる方も
多いのではないで
しょうか。

 

今回は創業計画書の作成で
知っておいた方がよいと
思われる基本的なポイントを
以下3つにまとめてみました。

 

  1. 創業融資審査のポイントを意識する
  2. 日本政策金融公庫のフォーマットをベースに作成
  3. 創業計画書には空白を作らない

 

 

起業家のあなたは
参考にしてください。

 

 

創業融資審査のポイントを意識する


創業融資の場合
すでに実績のある事業者と
違い創業計画書が重要に
なります。

 

実績のある企業であれば
損益計算書や財務諸表
資金繰り表などによる
実績の数値を分析して
評価することが出来ます。

 

創業融資の場合は
すべての数値が計画数値であり
そこの数値の信憑性を
創業計画書から判断しなければ
ならないので審査評価の
難易度は高くなります。

 

それだけに
融資担当者は創業計画書と
起業家本人から審査情報を
重点的に収集します。

 

創業融資の審査で
重視されている
ポイントがあります。

 

そのポイントをしっかり
意識して(回答になるよう)
創業計画書を作成しましょう。

 

重視されるポイント

  • 起業家の経験能力
  • 自己資金(総創業資金に対する割合・創業者の資金であるかの確認)
  • 返済の可能性

 

 

 

創業計画書の該当項目として

  • 2.経営者の略歴等
  • 7.必要な資金と調達方法
  • 8.事業の見通し

 

具体的な書き方については
別な記事で紹介いたします。

 

もちろん
創業計画書のすべての
項目が重要です。

 

その中でも上記3点は
しっかり記入しましょう。

 

 

日本政策金融公庫のフォーマットをベースに作成


日本政策金融公庫の創業計画書の右上に

☆この書類は、ご面談にかかる時間を短縮するために利用させていただきます。
なお、本書類はお返しできませんので、アラカジメご了承ください。
☆お手数ですが、可能な範囲でご記入いただき、借入申込書に添えてご提出ください。
☆この書類に代えて、お客様のご自身が作成された計画書をご提出いただいても結構です。

日本政策金融公庫 創業計画書より

と記載されています。

あなた独自の事業計画書を
作成して提出するのも可能です。

 

もちろんパワーポイントなどで
綺麗なプレゼン資料を作成しても
良いのですが融資担当者はどちらが
見やすいかということです。

 

この創業計画書のフォーマットは
日本政策金融公庫の永年の
創業融資のノウハウとそのエッセンスが
凝縮されらたものであり成果が
あるから現在も使用されていいます。

 

また毎日たくさんの審査を
このフォーマットで実施し
慣れ親しんでいるのでは
ないでしようか。

 

日本政策金融公庫のフォーマットと
あなたのフォーマットで審査の評価
に差が出ることはありません。

 

 

ただし、潜在的な無意識の中で
担当者本人も知らないうちに
いつもと違うフォーマットを
拒絶する可能性は否定できません。
(見ずらいという感覚)

 

 

日本政策金融公庫の
フォーマットを利用する
ことをおススメします。

 

創業計画書
(ダウンロードはコチラ)

 

 

あなたの事業計画書は
補足資料として
いっしょに提出しましょう。

 

 

創業計画書には空白を作らない


創業計画書に空白は作らないということです。
記入すべきことはすべて書くことです。
当たり前と言えば当たり前のことなのですが
実際に空白で提出する人も多いのです。

 

書き方ががわからないということは
理由になりません。わからなければ
日本政策金融公庫に問い合わせして
聞ききましょう。

 

お金を借りるということは
とても大変なことです。

 

貸す方も本気であなたを
評価しようとします。

 

そんなときに重要なのが
起業家の熱意です。

 

創業への熱い思が
どれだけ伝わるかです。

 

その創業者の思いを伝える
ツールが創業計画書でも
あります。

 

大切な創業計画書に
空白があれば融資担当者は
どう思うでしょうか?

 

多分、この人は本気で
起業創業する気持ちが
本当にあるのだろうか
と思ってしまうのでは
ないでしょうか。

 

ぜひ空白のないように
記入しましょう。

 

 

創業計画書の書き方をマスターして、日本公庫の創業融資を獲得しよう!のまとめ

創業計画書の記入項目は
すべて重要な項目なので
ていねいに正確に記入
しましょう。

 

今回お伝えした内容は
当たり前のことなのですが
もう一度見直ししましょう。

 

創業計画書は記入されて
いて当然の書類なので
プラスの評価になることは
少ないと思います。

 

しかし
記入されていないとか
融資担当者の意図する
内容とずれていれば
減点される可能性は
あります。

 

融資審査も事業と同じく
小さなことの積み重ねが
成果として結果に
つながります。

 

 

 

 

 

創業融資を獲得するために
今回お伝えした
ポイントをしっかり
おさえて創業計画書を
作成してみましょう。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2018 All Rights Reserved.