経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

失敗しない創業計画書の書き方①創業の動機はこのポイントを押さえろ!

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

日本政策金融公庫の創業融資
の審査では創業計画書や面談が
重視されます。

 

起業・創業する方は
何もかもが初めての
ことです。

 

創業計画書を作成する
にしてもわからないこと
多いと思います。

 

記入例があるので
どうしてもまねして
似たような内容に
なってしまいがちです。

 

でも大切なことが
融資担当者に伝わる
創業計画書を作成して
みましょう。

 

創業計画書のダウンロードはこちらから

創業計画書のエクセル書式はこちらから

 

 

 

伝わる創業計画書を目指し
今回は「創業の動機」
の書き方について以下
のことを説明していきます。

 

  • 創業計画書の記入例をまねしない
  • 創業の動機はコンパクトにまとめる
  • 創業計画書の書き方の概要【創業の動機】まとめ

 

 

創業計画書の記入例をまねしない


はじめて何かを書くときは
なかなかイメージが
浮かばないものです。

 

簡単なきっかけをもって
もらうために記入例が
あるのですがどうしても
似たような文書に
なってしまいがちです。

 

日本政策金融公庫の
創業計画書の記入例が
掲載されていますが
絶対ダメという内容
ではありません。

 

でも読んだ融資担当者には
創業者のイメージは
残らないと思います。

 

なぜこの仕事をしたいのか

なぜ起業するのか

 

に答える部分になります。

 

それは何でお金を借りるのか
という融資の理由にも
つながる重要な部分です。

 

社会貢献的な理由も
大切ですが融資担当者が
一番気にするのは
融資した資金が
しっかり返済できるか
どうかということです。

 

いくら創業の動機が
正しくても返済できる
計画になっていなければ
融資はしてもらえません。

 

だから創業計画書の
返済の可能性を認識して
もらえるキーワードや
動機内容を記入することが
とても大切です。

 

融資担当者が安心する
内容やイメージが必要です。

一般的な内容であれば
スルーされるだけですが
不安にさせるような
内容は控えましょう。

(経験はありませんが
頑張りますのような内容)

 

もちろん情熱的な思いや
アピールも必要ですが
文章ではなかなか伝わり
ずらい部分があります。

 

強い思いやアピールは
面談時に伝える方が
効果的です。

 

 

創業の動機はコンパクトにまとめる


創業計画書はA3枚の非常に
コンパクトにまとめられた
書式です。

 

創業融資書の書式はこちらから
ダウンロードできます。

 

【創業計画書 記入例】
下記からダウンロードできます。

 

はじめて見た人は
意外と少ない情報で
融資審査をするのだなと
感じた方も多いと思います。

 

しかし日本政策金融公庫が
永年の創業融資審査で
蓄積したノウハウが
凝縮されている
すばらしい書式です。

 

融資担当者はこの創業計画書を
ベースに毎月たくさんの
創業融資審査を行っています。

 

それだけに見慣れた書式
ということになります。

 

融資担当者が見慣れた
書式というのは
重要なポイントになります。

 

創業の動機の記入欄は
4行程度になっています。

書ききれないときは別紙に
記入してもかまいませんが
できればこの記入欄に
まとめられるぐらいが
担当者としては見やすい
のではないでしょうか。

 

もちろんプラス情報が
たくさんある方は
別紙を添付しても
良いと思います。

 

記入する内容がないのに
ダラダラ書くのは
オススメしません。

 

書式の記入欄には
コンパクトにインパクトの
ある創業の動機を
まとめてみましょう。

 

下記のポイントを
参考にしてまとめて
みましょう。

  1. ビジネスプランの概要が読み取れる内容にする
  2. 経験を生かせるビジネスであることを明記する
  3. 新規性や独自の強みを示す
  4. 顧客確保のめどがついていることを示す
  5. 起業の準備に取り組んだことを書く

出典 上野光夫(2016) 「事業計画書は一枚にまとめなさい」第七章より抜粋 ダイヤモンド社

 

※上野先生は元日本政策金融公庫の融資課長の
経歴があり実務的に信頼度が高いアドバイスです。

 

 

日本政策金融公庫の創業計画書の書き方①【創業の動機の記入で注意したいポイント】のまとめ


創業計画書の一番最初項目
【創業の動機】です。

 

本来融資担当者が最初に
読む部分になります。

 

どんな読み物でも初めの
リードの部分が面白いか
面白くないかで読み続けるか
どうか判断します。

 

とても重要な部分ですが
あまり意識しないで
記入している方が
多いようです。

 

かと言って情熱的な
感情を揺さぶるような
文章を書くように
アドバイスしている
わけではありません。

 

文章の長さを含め
融資担当者が効率的に
作業をすすめられ
有益な情報が得られ
創業の動機を書くことを
おススメします。

 

この人は創業しても
大丈夫そうだなと
少しでも感じてもらえれば
良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2018 All Rights Reserved.