経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

起業・創業の資金調達について、誰もが知っておくべき3つのこと

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

起業・創業を考えたとき
必要になるのが資金です。

 

自己資金があっても
全額を準備するのは
なかなか難しいのでは
ないでしょうか。

 

それでは不足する資金を
どうすればよいのでしょうか?

 

実は思いのほか
資金を集める方法は
少なく主に3つの方法
しかありません。

 

  • 融資による資金調達
  • 補助金・助成金による資金調達
  • 直接金融(出資等)による資金調達

 

以下説明していきます
ので参考にしてください。

 

 

融資による資金調達


融資・ローンという言葉を
聞いたことがあると思います。

 

簡単に言うと資金を
借りることです。

 

起業・創業時に資金を
借りる先については

 

親兄弟・親族・知人からの借入

知人というのはトラブルも
多いので避ける方もいると
思いますが一番身近で
借りやすいのが
親兄弟・親族になります。

 

返済期限や利息なども融通が
効くので不安定な創業期には
とても貴重です。

 

以外に頼みずらいという理由で
利用していない方が多いです。

 

起業創業で
一番苦労するのが
資金調達です。

 

資金調達先として
優先的に検討して
みましょう。

 

 

日本政策金融公庫からの融資

起業・創業者向けの条件の
良い融資制度があります。

 

起業創業時は
政府系金融機関である
日本政策金融公庫の
融資が有力候補になるので
覚えておいてください。

 

日本政策金融公庫はコチラから

 

 

信用保証協会の保証が付いた融資

あまり聞きなれない
かもしれませんが
信用保証協会も
起業創業を支援している
公的機関です。

 

起業創業時の融資では
信用保証協会の保証が
重要なポイントになります。

 

信用保証協会の保証制度を
利用した融資制度も
有力候補になりますので
覚えておいてください。

 

全国の信用保証協会はコチラから

 

 

民間金融機関からの融資

民間金融機関の融資が
有力候補と思われ方が
多いと思います。

 

実は民間金融機関は
創業融資には消極的で
融資をしません。

 

創業融資では候補から外します。

 

ただし先ほどの
信用保証協会の保証が
あれば融資をしますので
覚えておいてください。

 

ノンバンクからの融資

あまり聞きなれない名称ですが
起業・創業時には利用しません。

 

 

 

補助金・助成金による資金調達


補助金・助成金だけで
起業・創業することは
困難です。

 

あくまでも創業資金の
一部補填と考えてください。

 

また確実にもらえる
ものではないので
あてにせず始めから
資金計画に入れない方が
無難です。

 

補助金や助成金が
もらえれば足しになる
程度に考えてください。

 

補助金・助成金は
大きく区分すると
以下のようになります。

 

  • 厚生労働省系の補助金・助成金(人財に関わるもの)
  • 経済産業省系の補助金・助成金(研究開発等に関するもの)

 

補助金・助成金を探したい方はコチラから

 

 

 

直接金融(出資等)による資金調達


投資家やベンチャーキャピタル
などから出資してもらう方法ですが
個人レベルの起業・創業では
現実的には厳しいです。

 

また少人数私募債のように
社債をは発行をする方法が
ありますが資金提供者を
自ら探してこなければ
なりません。

 

少人数私募債の発行も
現実的は厳しいと言えます。

 

 

 

起業・創業の資金調達について、誰もが知っておくべき3つのことのまとめ


起業創業時の資金を集める方法として
利用できるのは次の2つの融資制度
になります。

 

  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 信用保証協会の保証が付いた融資

 

起業創業時にはこの2つの
融資制度を活用しましょう。

 

身近な方法としては
親兄弟・親族・知人からの借入
という方法がありますので
資金の調達先として検討するのも
良いのではないでしょうか。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2018 All Rights Reserved.