経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

創業融資で成功したいなら、これだけは知っておきたい融資の知識

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

インターネットや
シェアオフィスなどの普及
により創業・起業しやすい
環境が以前より整って
きています。

 

副業的に始めた事業が
順調で本業に転換したり
今までの経験を生かして
起業創業する方も
いると思います。

 

 

 

創業起業した事業が
順調であればビジネスを
拡大することを狙うのも
なかなか夢があり
楽しいですよね。

 

 

そんな時必要になって
くるのが資金です。

 

でもそんな資金は
手もとにないという
あなたには融資借入
をおススメします。

 

融資という言葉を
はじめて聞くという
方もいると思います。

 

そんな起業家の
ために融資の知識を
まとめてみました。

 

将来ビジネスで
起業/成功を目指す方は
参考にしてください。

 

  • 融資の意味を理解する
  • 融資はどこに申し込むのか
  • 積極的に融資をしてくれる機関とは
  • 融資を受けるために必要な能力とは

 

 

融資の意味を理解する


融資とは字のごとく
資金を融通すること。

 

お金を必要としている人に
お金を貸すことです。

 

英語ではローンとも言います。

 

簡単にいうと
銀行などの金融機関が
法人や個人に金利(利息)を取る
目的で行っている活動です。

 

金融機関から見ると
融資ですが法人や個人から
見ると借入金、つまり借金
になります。

 

ではなぜ
法人や個人は借金を
するのでしょうか。

 

事業に資金を投下して
収益を上げるためです。

その収益を社会に還元し
豊かで幸福な社会を
整備していくことが
目的になります。

 

自分の得意なスキル
に資金を投下して
収益を上げることが
個人や社会を幸福に
することになります。

 

起業家は
ビジネススキルを
磨き世の中をより良くする
ことが使命です。

融資を上手く利用して
成長してください。

 

融資はどこに申し込むのか


起業家が融資を
受けるにはまず
金融機関と取引すること
が必要です。

 

起業家に融資が
可能な主な金融機関には
以下のような種類があります。

 

  • 銀 行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 農業協同組合
  • 政府系金融機関

 

一般的には
融資を申し込み先は
銀行というイメージで
良いと思います。

 

最近はインターネットに
特化した銀行も増えています。

 

入出金や決済に利用するには
便利ですが融資を考えると
ネット銀行以外の銀行と
取引をすることをおすすめします。

 

起業家は比較的小規模で
ビジネスをスタートします。

 

この場合規模の大きな銀行より
規模の小さな金融機関である
信用金庫や信用組合の方が
融通が利き相談に乗ってくれる
ことが多くあります。

 

初心者や事業歴が浅い
起業家は信用金庫
や信用組合などに融資相談
するのが良いのでは
ないでしょうか。

 

 

積極的に融資をしてくれる金融機関とは


銀行口座を開設して
取引を開始してもすぐに
融資をしてくれることは
まずありません。

 

まず金融機関は
あなたがどんなビジネスを
行っているか知りません。
あたりまえのことです。

金融機関は、
信用・実績がない取引先に
融資をしてくれません。

 

個人で事業をスタートし
毎年確定申告をしながら
実績をつくることになります。

 

通常3年分の(法人であれば3期分)
確定申告書・決算書を要求される
ことが多いです。

 

でも起業家として
ビジネスモデルが構築でき
利益の見通しがあるのであれば
後は資金を増やせば利益を増やす
ことが可能です。

 

せっかくのチャンスに
手元資金がないのは
悔しいものです。

 

金融機関から融資を
受けたいのに信用・実績が
ないという理由で
融資を受けられないのでは
まさにチャンスロスに
ほかなりません。

 

それではどうすればよいのでしょうか?

 

そんな実績のない
女性や若者の起業を
積極的にしている
金融機関があります。

 

日本政策金融公庫

 

政府100%出資の政策金融機関、日本公庫です。
以下の役割に特徴のある金融機関です。

 

  1. セーフティネット機能の発揮
  2. 日本経済成長・発展への貢献
  3. 地域活性化への貢献

 

日本公庫の特徴

 

  • 金融力のある融資

創業者・中小企業・小規模事業者
農林水産業者向け融資
教育ローンなどがあります。

 

 

  • 経営に関する情報力

経営課題に応じた
コンサルティング機能
財務診断、情報提供を
実施している。

 

 

  • 全国的なネットワーク

全国152支店の店舗網を活かした商談会、
マッチング、関係団体との
連携による支援体制が整備されています。

 

日本公庫は創業にも
積極的に融資を
している金融機関です。

 

中でも女性や若者の起業創業に
積極的であり条件も優遇されてい
ので貿易起業家の融資にも
活用が可能です。

 

  • 女性、若者/シニア起業家支援資金

「女性、若者/シニア起業家支援資金(新企業育成貸付)」
などのご融資を通じて、事業開始後おおむね7年以内の女性の方、
30歳未満か55歳以上の方のお手伝いをさせていただいております。
詳しくは、支店の窓口までお問い合わせください。

【日本政策金融公庫HPより抜粋】

 

融資限度額は1000万円ですが

貿易起業家がビジネスを
展開するための資金としては
十分な資金ではないでしょうか。

 

融資の相談は日本政策金融公庫の
各支店で対応してくれますが
融資の実行には銀行などの金融機関の
預金口座が必要になります。

 

必要に応じて金融機関の口座を
開設しておきましょう。

 

実際の手続きは銀行が行いますので
ネット銀行以外の金融機関で
口座開設することをおすすめします。

 

 

 

融資を受けるために必要な能力とは

ビーチと海

金融機関は融資に対して
重点的に審査するポイントは
返済原資の収益が長期にわたり
安定しているかどうかといことです。

 

それはそうですようね
貸したお金が帰ってこなければ
たいへんなことになります。

 

まずはビジネスモデルが
しっかりしているかどうか
この点をしっかり説明できる
能力が必要です。

 

ビジネスモデル自体に
欠陥があったり
事業主自身が説明できないようで
あれば話になりません。
十分注意してください。

 

本来であれば自己資金で
‍ビジネスを進めるのが
理想です。

 

やはり自分で貯めた資金は
慎重に大切に使いますが
安易に調達した資金は
意外と粗末にぞんざいに
扱う人も多くいます。

 

結果として起業に失敗
することもあります。

 

起業家として
融資を受けてビジネスを
拡大したいのなら
まずは経営者としての
自覚をもってください。

 

経営者として最低限
必要な知識やスキルは
しっかり勉強してください。

 

今の時代ネットや書籍を
利用していくらでも
知識を増やすことができます。

 

中でもマーケティングや
集客の知識さらには経理・財務
税務の知識は基本的にないと
これからの時代は生き残れません。

 

自分でできない場合は
コンサルたんとや専門家に
依頼するなりして経営の
仕組みをしっかり構築
しましょう。

 

創業融資で成功したいなら、これだけは知っておきたい融資の知識のまとめ


【アマゾン輸出入ビジネス】で成功するためには
資金調達するための融資の知識が
非常に重要です。

 

創業時に資金を調達することが
難しいと思われていますが
政府系の金融機関を利用すると
比較的スムーズに融資が可能です。

 

特に女性や若者を優遇した制度が
ありますのでぜひ活用することを
おすすめいたします。

 

はじめて融資を受ける人が
ほとんどだと思います。

 

以下の点をしっかり
注意して融資に挑戦して
みてください。

  • 融資の意味を理解する
  • 融資はどこに申し込むのか
  • 積極的に融資をしてくれる機関とは
  • 融資を受けるために必要な能力とは

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2018 All Rights Reserved.