経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

起業するために銀行融資を受けたい! でもよくわからない人へ

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

起業を考えたときに
自己資金では不足する
創業資金を調達しなけらば
なりません。

 

そんな時に頭に
浮かぶのが銀行です。

 

でも実際にお金を借りた
経験がないので
よくわからない
というのが本音では
ないでしょうか。

 

少し不安ですよね。

 

起業するときに
気をつけなければ
ならない借り入れ方法に
ついてまとめてみました。

 

  • 借り入れができる銀行の種類
  • 銀行借り入れの形式は
  • 銀行借り入れの資金使途は
  • まとめ

 

 

借り入れができる銀行の種類


一般的に銀行という言い方で
ひとまとめにしていますが
以下のような種類があります。

 

  • 都市銀行(メガバンク)
  • 地方銀行・第二地方銀行(ちぎん)
  • 信用金庫(しんきん)
  • 信用組合(しんくみ)

 

都市銀行から信用組合に向かって
規模が小さくなりますが逆に
地域性(地域密着)が強くなります。

 

借り入れの審査も
都市銀行が一番厳しく
だんだんと緩やかに
なります。

 

起業時には
信用金庫や信用組合
が取引しやすいと思います。

 

銀行のホームページをみると

  • 個人のお客様
  • 法人のお客様

 

とサービスが区分されています。

 

融資やローンについても
区分されているので
注意してください。

 

個人のお客様には
事業性のある融資・ローン
を提供していません。

 

逆に法人のお客様の
融資・ローンは事業性
あるものに限定されています。

 

原則として個人の
カードローンやフリーローンは
起業時の事業性資金として
利用できません。

(※事業性の使途が可能な銀行もあります。)

 

法人の事業性融資・ローンは
個人的な目的には
利用できません。

 

必ず融資ローンの
資金使途を確認してください。

 

正直、お金に色はないので
わからない部分はありますが
約定で決められているので
覚えておいてください。

 

個人事業主が事業資金を
借り入れる場合は法人と
同じ事業性の融資・ローン
使用します。

 

 

銀行借り入れの形式は


銀行融資の形式は
以下の4つになります。

多くは証書貸付に
なることが多いので
覚えておきましょう。

 

 

手形割引

取引先から受け取った手形(支払手形・為替手形)を
期日前に銀行に持ち込み現金化する方法です。
手形額面金額から手数料分を割り引かれます。

 

手形貸付

自社の約束手形を銀行に振り出し
資金を借り入れる方法です。
借り入れが1年以内の短期融資に
利用されます。

 

当座貸越

当座貸越は「当座貸越契約」を
締結して融資枠を決め
その枠内で繰り返し
利用できる方法です。

 

審査は厳しく実績のある
事業者でないと利用は難しい。

 

 

証書貸付

「金銭消費貸借契約書」にて
借り入れに関する詳細な条件を
決めて借り入れする方法です。

 

証書貸付は1年以上の借り入れに
利用され、運転資金や設備資金が
資金使途になります。

 

銀行融資で多く利用される
借り入れ方法です。

 

 

 

銀行借り入れの資金使途は


銀行から借り入れを
する時に重要になるのが
資金使途です。

 

代表的な資金使途
説明いたします。

 

起業時には
経常運転資金や
開業設備資金が
重要になります。

 

 

運転資金

運転資金とは
商品仕入・経費支払など
事業活動で必要な資金をいいます。

 

経常運転資金

(売掛金+受取手形+棚卸資産)-(買掛金+支払)

で算出します。

経常的に発生する
資金に対応します。

 

増加運転資金

売掛金・受取手形の回収が
遅れたり買掛金・支払手形の
支払条件が短縮されたなど
の理由で運転資金が増加する
資金に対応します。

 

決算・賞与資金

決算時に発生する法人税や
消費税等の支払い資金や
賞与支給時の資金に対応します。

 

資金の建て替えになりますので
1年以内の短期返済になります。

 

季節資金

季節や特定イベントにより
一時的に資金需要が高まる
場合に対応する資金です。

 

減産資金

売上の減少による決済資金の
不足に対応する資金です。

何らかの理由で
顧客・商品の需要が
減少することに起因します。

 

赤字資金

さまざま理由で業績や財務内容が
悪化し経常収支がマイナスになった
時に赤字を補填する資金です。

 

設備資金

土地・建物・機械・車両・備品など
事業に必要な設備を購入する資金です。
設備が必要な業種では金額が大きく
なり資金の回収にも期間を必要と
するため借り入れ期間も長期になります。

 

 

 

 

まとめ


銀行借り入れには
融資の形式や資金使途など
いくつかあります。

 

起業時に必要な借り入れ方法の
形式としては証書貸付
資金使途は運転資金と
設備資金になります。

 

起業するときに
銀行から借り入れするのは
なかなかハードルが
高いと言えます。

 

 

起業するときは
近くの信用金庫や
信用組合が足を運びやすく
相談しやすいのでは
ないでしょうか。

 

 

起業当初
銀行借り入れは難しい
かもしれませんが
将来を見越して
まずは預金口座の
開設から始めて
みましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.