資金繰りが苦しいと感じたら!対策→ CLICK!

銀行融資の稟議が承認される決算書の作り方【貸借対照表】

銀行は事業融資をするとき対象となる会社の業績を確認します。
融資審査の過程で決算書や試算表を分析します。

実は銀行は損益計算書よりむしろ貸借対照表を
じっくりチェックしてることを知っていますか。

あなたはどちらかというと損益計算書を
気にしているのではないでしょうか。

銀行融資を受けるのなら貸借対照表を
しっかりチエックしておくことをおすすめします。

この記事では銀行が融資するときに貸借対照表の
どんなところに注意をしているのか説明します。
ポイントを押さえ銀行が融資しやすい貸借対照表の作成を
心がけておくと融資審査も円滑に進みます。

以下順番に説明していきます。

  • 銀行がはじめに見るのは純資産
  • 銀行は貸借対照表の現預金をこう読む
  • 銀行は貸借対照表の流動資産をこう読む
  • 銀行は貸借対照表の固定資産をこう読む
  • 銀行は貸借対照表の流動負債をこう見る
  • 銀行は貸借対照表の固定負債をこう見る
目次

銀行が最初に見るのは純資産


貸借対照表をチェックするときにまず初めに見るのが純資産です。
資本金・積立金繰越利益など過去から現在までの
利益状況や会社の財務体質がわかります。
純資産が多い会社は自己資本が充実し財務体質が良好です。
過去からどのぐらい利益が蓄積され現在どのような状況に
なっているのか創業から現在までの会社の歴史が反映されます。

資本欠損や債務過になっていないか、やはり自己資本である純資産の金額が
多いか少ないかによって会社の財務力がわかるからです。

純資産部分が最低限債務超過になっていないことが重要です。

純資産を増やすには毎年利益を積み立てていくことが
必要になるので継続的な利益確保ができるよう
計画的に経営努力をしなければなりません。

また債務超過や資本欠損などが発生している場合は
銀行融資を受けにはマイナス評価になります。
短期間で解消するためには増資などの資本注入を
検討する必要があります。

銀行は貸借対照表の現預金をこう読む


純資産の次に銀行が気にするのが現預金残高です。
また銀行が借入返済について1番注目するのが資金繰りです。

資金繰りを確認する上でポイントに
なるのが現預金残高の予想推移です。

現預金残高は返済原資になるので多ければ
銀行の評価は高まりますが逆に現預金残高が少ない場合
銀行は返済原資に関して不安を感じるでしょう。

現預金残高は会社経営の実態をダイレクトに反映することになります。
銀行から見ると現預金が返済財源となるのでその動きや増減が気になります。
特に預金に関してはどの銀行に取引口座があるかと言うことがとても重要になります。
原則は融資取引のある銀行に預金口座を開設することが一般的ですが
新規の融資取引銀行を増やすためには預金口座の分散も戦略的に
考えなければなりません。

現預金はごまかしがきかないので地道に努力して
増やしていくしかありません。
どこからか借りてくれば負債が増えます。
王道は利益を出して自己資本を増やすことになります。
先程説明した過去からの利益である純資産の部分につながるのですが
純資産のうち現預金はどのくらいあるのかが重要になります。

銀行は貸借対照表の流動資産をこう読む


流動資産は1年以内に現金化できる資産のことです。
中でも注目されるのは売掛金です。
短期間に資金化されることがベストなので
回収期間をチェックされます。

チェックのポイントは回収サイトです。
売掛残高を平均月商で割った数値である回転月数をチェックします。
回転率は売掛金の回収サイトになります。前期の回転率と比較されます。
多少の差は問題ありませんが回転率が大きく伸びているときは
何か問題がないか注視されます。

また決算書の内訳などを通じて売掛金が滞留してる取引先が
ないかどうかを確認されます。

売掛金が不良債権化していないかチェックされるので
決算書の売掛金内訳書に毎年同じ取引先・残高が残って
いないか必ず確認しましょう。

棚卸資産については不良在庫がないかチェックされます。
棚卸を実施せず棚卸資産の金額が不正確な会社も多くありますが
内容をしっかり確認しておきましょう。

貸付金・仮払金・立替金等の内容が不明確な科目は
銀行から嫌われますので残高は最小限に押さえます。
また出金内容についてはしっかり説明できるようにします。

銀行対策としては貸付金や仮払金等の残高を
決算書上に残高を残さないことが重要です。

銀行は貸借対照表の固定資産をこう読む


設備投資が大きな業種は固定資産が膨らみます。
特に借入金により固定資産を購入している場合
固定資産が利益に貢献していないと長期的に
資金繰りが厳しくなるので注意してください。
逆に設備投資が小さなあるいは、ない業種では
固定資産が小さくなり経営や資金繰りに与える影響は
小さくなります。

設備・不動産などの固定資産については利益貢献しているか
事業に使われていない遊休資産がないかチェックされます。

将来的に会社で使用する予定がない遊休資産があれば早めに処分しましょう。
中小企業では利益対策として減価償却を計上しない会社も多いのですが
必ずチェックされることをおぼえておきましょう。

減価償却を計上しないで利益を出しても評価されません。
(すぐにばれます。)

銀行は貸借対照表の流動負債をこう見る


流動負債で注目されるのが買掛金です。
買掛金も売掛金と同じように回転月数(買掛金÷平均月商)でチェックされます.
買掛金の支払いサイトは長い方が運転資金が楽になります。
回転月数≒支払サイトではありませんが傾向はとらえることはできます。
回転月数が伸びれば運転資金に余裕が出たことになります。

銀行は運転資金についてとても関心があります。
運転資金に影響する売掛金・棚卸資産・買掛金の
動向について総合的に判断します。

流動資産と同様に流動負債についても運転資金の適性を
判断するためにチエックされます。

運転資金 = 売上債権残高(売掛金・受取手形) + 棚卸資産残高 – 仕入債務残高(買掛金・支払手形)

参照:意外と知らない!運転資金を計算する方法

流動負債科目は短期的な資金の調達先を表します。
銀行は内容が適正か細かく確認します。
個人的な借り入れ、ノンバンクからの借り入れ、税金の滞納など
どちらかと言うと銀行に知らせたくない内容が
計上されていることがあります。
特に銀行は借入先について注目しているので
調達・借入先については気をつけましょう。

銀行は貸借対照表の固定負債をこう見る


固定負債計上される科目は主に銀行からの長期借入金になります。
基本的には残高が返済により減っていきます。
売上高や利益の規模に対して借入残高が適正かどうか見られます。
一般的に借入金が多い会社は警戒されます。

それでは借入残高の目安はどのぐらいなのでしょうか。

通常はキャッシュフローなどの返済力によって
判断されますがおおまかな目安として借入金月商倍率などで判断します。

平均月商の製造業であれば5~6ヶ月分
その他の業種であれば3~4ヶ月分がめどになると思います。

借入金月商倍率が上記の平均以上になってくると
借入が多い会社とみなされる可能性があります。

また銀行が注目するのは銀行別の
借入残高、保証協会の利用状況になります。

特に中小企業の場合は信用保証協会の利用枠がどのぐらい
残っているかによって各金融機関の対応が違ってきます。

その他の借入金として役員借入金等があります。
役員借入金については銀行はあまり注目していないので
気にしなくても大丈夫でしょう。

まとめ


多くの経営者は損益計算書の利益を重視する傾向があります。

ただ銀行は借入金の返済原資や償還能力を貸借対照表から判断します。

損益計算書の場合、いくら利益があっても現実に返済原資になる
現預金があるか判断することができません。

だから銀行は貸借対照表を慎重に見るのです。
あなたはおそらく貸借対照表をしっかり観察せず
特別な銀行対策もしていないと思います。

それだけに銀行が融資したくなるような
貸借対照表にはなっていないことが多いと思います。

理由はあなたが貸借対照表に無関心であることです。

会計事務所は税務申告のために決算書を作成するので
銀行を意識した決算書は作成されません。
特に会計事務所に銀行対策を依頼していないのであれば
銀行が融資したいと思う決算書が作成されることはないでしょう。

あなたがいつでも必要な資金を調達したいのなら
日頃から銀行を意識した,銀行が融資したくなる貸借対照表の
作成をぜひ心がけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経済産業省認定経営革新等支援機関
レグルス経営研究所 代表。
経営者に役立つ資金繰りノウハウを情報発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる