資金繰りが苦しいと感じたら!対策→ CLICK!

急な資金ショートを回避!つなぎ資金を確保する方法とは

事業を行っていると、どんなに優良な会社であっても、短期的に
資金繰りがうまく手当できずに資金ショートを起こす場合があります。

長期的には、きちんとした資金計画の下、銀行融資などで手当てをしていても、
突発的なことが発生すると対応することが難しい場合があります。

突発的な事態に、どのように対処するのか、事業主として、社長としての
力量が問われところではあります。
ただ短期的に資金繰りなどに影響する事態が
発生した場合、具体的にどのように
対応したらよいのか解説します。

この記事では、つなぎ資金を得るさまざまな方法について紹介します。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。
              
              ↓↓↓

目次

つなぎ資金とは?

つなぎ資金とは、ビジネスシーンではよく聞く言葉ですが、
具体的にどのような意味かと問われると即答できな人も多いのではないでしょうか。

ここで、少し内容を確認してみましょう。

つなぎ資金とは、長期的な借り入れではなく、
「つなぎ」という言葉が表しているように、
短期的なキャッシュ不足や資金ショートを補填するための資金です。

つまり、会社の資金繰りのために、一時的に手当てする資金になります。
どんな会社でも、手持ち資金が潤沢にあれば、資金繰りに困ることはなく
仕入れや支払いが円滑に行えます。

しかし、事業を行っていると、取引先の都合で、入金が遅れたり、
最悪の場合は倒産というようななにかしらのトラブルに見舞われて
資金繰りがつかなくなることがあります。

急な入金不足を避けるために、短期間だけ借りる資金がつなぎ資金です。

あくまで、つなぎ資金というのは、「短期的」であり、「一時的に」
資金を調達する資金になります。

つなぎ資金を確保する方法

一般的に、つなぎ資金を得る方法としては、
銀行融資や、ノンバンクからの借り入れがあります。

ノンバンクの方が、金利は高めになりますが
審査にも通りやすく、スピーディなため、銀行融資より、
使いやすい資金調達方法と言えます。

国が100%出資している日本政策金融公庫の
公的融資制度を利用することも可能です。
金融公庫の場合、低金利で負担が
少ないことがメリットですが、
審査が厳しく、融資までに時間がかかるという
デメリットがあります。

他に、手形割引や不動産担保融資がありますが、
いずれも、返済できない場合のリスクを
考えて利用するのが得策です。

特に支払手形は2度の不渡りで銀行取引停止となり
事実上の倒産となるので注意してください。

つなぎ資金のために、ファクタリングを利用するメリット

ここまでにつなぎ資金を得るためのいくつかの方法を紹介しました。
最近は、つなぎ資金としてファクタリングを活用する方も多くなっています。

上手く活用するとつなぎ資金として利用することができます。

それでは、つなぎ資金のために、ファクタリングを利用するメリットを説明します。

 資金調達がスピーディ

ファクタリングのメリットの一つが、「現金化がスピーディ」という点があります。


なぜ、ファクタリングでは、現金化がスピーディなのか知っていますか?

実はファクタリングは金融機関のような融資ではなく、売掛債権を
ファクタリング会社が買取り、手数料を差し引いた金額が入金されるからです。

つまり、短期間で審査が通りやすく、最短即日入金も可能になります。
ノンバンク系の融資も早いとは言え、即日ということはないので、
スピードではファクタリングに軍配が上がります。

急ぐつなぎ資金にはファクタリングが最適です。

ファクタリング利用が銀行にばれません!

2社間ファクタリングなら、売掛先にファクタリング利用が銀行に知られることはありません。
ビジネスローンや融資などは、取引先銀行に知られてしまう場合がありますが、
ファクタリングなら大丈夫です。
ファクタリングの事実は、銀行にも知られることはありません。

確実につなぎ資金を確保できる

銀行融資やノンバンクの場合、審査があり、最悪の場合、審査に通らなければ、
資金調達できない可能性があります。

一方、ファクタリングの審査は比較的通りやすいので、
信用状態がかなり悪い状態でなければ、審査を通過することができます。
融資に比べると確実に資金を調達できるのが、ファクタリングのメリットです。

つなぎ資金のためにファクタリングを利用するデメリット

ここまでの説明で、つなぎ資金を手当てする方法として、スピード、秘匿性、確実性で、
ファクタリングが有利であることがわかっていただけたと思います。

ただファクタリングはメリットだけではなくデメリットもあります。

この章では、ファクタリングのデメリットのついて説明していきます。

例えば、日本政策金融公庫の融資制度は低金利で利用することができますが
審査が厳しく、資金調達までに時間がかかります。

では、ファクタリングのデメリットとは何でしょう?

ファクタリングの大きなデメリットは、手数料が高いということです。
そのデメリットも、つなぎ資金という短期的、一時的な場合は、
あまり気にすることはないかもしれません。

やはり手数料は高いので、利用する場合は、その点をしっかり理解して
計画的に利用することをおすすめします。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。
              
              ↓↓↓

まとめ

事業を行っていると、一時的に資金ショートを起こして、
つなぎ資金が必要になる時があります。
そういう場合は、スピード感をもって資金調達をしなければなりません。

そんな時、スピーディに現金化でき、審査も通りやすい
ファクタリングは、あなたにとってとてもメリットのある
資金調達方法ではないでしょうか。

メリットを享受しながら、同時にデメリットについても
しっかり留意しながらファクタリングの利用を
考えてはいかがでしょうか。

ファクタリングについて詳しく知りたい方は
こちらの記事が参考になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経済産業省認定経営革新等支援機関
レグルス経営研究所 代表。
経営者に役立つ資金繰りノウハウを情報発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる