資金繰りが苦しいと感じたら!対策→ CLICK!

ファクタリングの返済ができなくなったらどうする?

中小零細企業の資金ショート時の緊急避難的資金調達法として、
利用者が増えているファクタリングですが、
万が一、返済に行き詰まったらどうなるのでしょう?

もともと、キャッシュフローがスムーズでないうえに、
緊急避難的に利用することが多いファクタリングです。
ファクタリングが返済できなくなる状況に
陥る可能性は、ある程度予想できます。

もちろん、ファクタリングの返済が行き詰まるようでは、
資金繰りを安定させることはなかなか難しいとい言えます。

とりあえずは、そういう状況に陥ってしまったら、どのように対応したらよいか
ポイントをまとめてみました。

まずは目の前の問題を認識して対策をしっかり立てましょう。

ファクタリングについて詳しく知りたい方は
こちらの記事が参考になります。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。
              
              ↓↓↓

目次

ファクタリングは分割払いできない

2社間ファクタリングでは、売掛債権をファクタリング会社に売却して、
先に現金化しているので、売掛先から売掛金が入金になったら、
即返済に回さなければなりません。

いろいろな事情で、資金を流用してしまったりで、ファクタリング会社への
支払いができない場合でも、分割払いは認められていません。


これは、契約の段階でしっかり確認されているはずです。
分割払いになると、金利が発生してファクタリング会社は、貸金業法に違反することになるからです。

逆に、「分割払いOK」などというファクタリング会社は、怪しいと考えましょう!

支払いの先延ばしは可能になることもある

支払いの先延ばしも、原則的にはできないと考えておきましょう。
ただし、売掛先の都合による支払い遅延の場合は、事情を説明すれば、
最大1ヶ月程度は、先延ばしを承諾してくれる可能性もあります。

もちろん、売掛先の入金遅延の事実がなければ認められません。
事実がない場合は、ウソはすぐにばれますし、ファクタリング会社との
信頼関係を損ねますから、絶対やめましょう。

ただし、ファクタリング業者によっては、遅延手数料を請求される場合もあります。

返済できないと分かった時点で対処すべきことは

キャッシュフローを改善する

資金ショートに陥って、ファクタリングを利用する方が多いと思います。
ファクタリングを利用時には、返済計画をしっかり考えて、キャッシュフロー改善のための対策を実行し資金繰りを安定させましょう。

方法としては、
キャッシュの流入を増やすこと(過剰在庫の一掃、ファクタリング以外の売掛金の回収など)
キャッシュの流出を減らすこと(支払いを遅らせる、不要なサービスの解約など)
につきます。

上記いがにもキャッシュフローを改善するために
まだまだできることはあるはずです!

あたりまえのことと思わずやってみることが重要です。

ビジネスローンの借入を考えてみる!

ファクタリングは、利便性、スピード感ともに使いやすい資金調達法ですが、
手数料が高いことがデメリットとしてあります。

ファクタリングの返済に行き詰まりそうなら、そうなる前にビジネスローンでの
借入も検討してみましょう。

ただしビジネスローンで資金繰りは安定しますが、基本的にキャッシュフローの改善に
努めないと、中長期的に資金繰りが悪化する危険性がありますので注意してください。

※ビジネスローンを紹介する場合は、ここにリンク

ファクタリング会社乗り換えを考える

結局、一時的な対処療法にしかならないかもしれませんが、少しでも
安いファクタリング会社に乗り換えることも検討してみましょう。

意外と知られていませんがファクタリング会社によって
ファクタリング手数料って差があるので検討する価値はあると思います。

もし、今のファクタリング業者の手数料が高いのであれば、
手数料の安いファクタリング会社への乗り換えるだけでも
キャッシュフローは改善します。

※会社紹介ページへリンク

いろいろやってだめなら、弁護士に相談する!

適切な手数料のファクタリング会社にも関わらず、返済が難しい場合であっても
できる限り返済できるよう努力してみてください。

ただこれ以上難しいと思ったら弁護士に相談することをおすすめします。
可能であれば限界に達する前の少しでも余裕がある段階での相談がよいでしょう。

どうにもならない状態になればなるほど選択肢が少なくなります。

弁護士に相談した人の多くはもっと早く相談するべきだったと思うようです。

また資金繰りが厳しくなると簡単に資金が手に入るという理由から違法な
ファクタリング業者や貸金業者と取引する人もあります。

もしあなたが悪徳業者に引っかかって、法外な手数料や脅しまがいの
取り立てなどがされるようなら、ファクタリング問題に強い弁護士に
相談してみてください。

専門家ならではの解決法の提案があるかもしれません。

弁護士に相談したい方はコチラをクリックしてください。

→ 「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

実際に返済できなくなったらどうなるのか?

支払いの督促

最初は、

「お支払いがないですが、いかがなされたのでしょうか?」

のような丁寧な文面の支払い最速の連絡が来ます。

遅れることが事前にわかっている場合は、正直にファクタリング会社に相談しましょう。

ファクタリング業者からの連絡を無視することや
逃げ回ることは絶対避けましょう。

無視したり、逃げ回ると、支払う意思がないと判断されてしまいます。
実際に支払いができない状況であっても、誠実に対応すべきです。

取引先へ債権譲渡通知の送付

2社間ファクタリングの場合は、売掛先にファクタリング利用は告げられませんでした。
これも一つのメリットと考えられていますが、もし、支払いが滞るようなら、
売掛先に「債権譲渡通知」が送付されます。

債権譲渡通知書が送付されると、売掛先にファクタリングの
事実が知られることになります。
売掛先は信用状態を心配するので、取引停止などの措置を
講じられる可能性が高まります。

損害賠償請求

ファクタリング会社からの段階を踏んだ請求にも返済がない場合は、
ファクタリング会社より損害賠償請求を起こされます。

ファクタリング会社は、返済不能債権の回収に
なれているので淡々と法律手続きを進めていきます。

最終的には預金口座、資産の差し押さえなどを実行します。
この段階まで放置しておくとあなたの事業にも
大きな影響を受けることになります。

まとめ

ファクタリングの返済ができなくなったら
どうなるのかについてまとめました。

基本的には「ファクタリングの返済できなくならない」ように
資金繰り計画を立て経営をすすめることが理想です。

でもさまざまな理由で資金繰りが厳しくなり
当初予定していたファクタリングの返済が
できなくなることもあるかもしれません。

そんなときは今回の記事で説明した内容を
参考にしていただければ幸いです。

ファクタリング利用の際には、十分の計画、決意で
利用することをおすすめします。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。
              
              ↓↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経済産業省認定経営革新等支援機関
レグルス経営研究所 代表。
経営者に役立つ資金繰りノウハウを情報発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次