経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

年間25000件以上の創業融資実績あります。創業融資に強い金融機関知りたくありませんか?

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK

 

創業融資サービスKIK

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

銀行融資コンサルタントの鳥倉です。

 

起業創業の資金はどこから調達すれば
よいのか知っていますか?

 

銀行を思い浮かべる方
多いのではないでしょうか。

 

でも
実際に起業・創業するときに
銀行は積極的にお金を貸して
くれません。

 

なぜだかわかりますか?

 

返済不能のリスクが
高いからです。
(何の実績もない事業者の
評価は難しいです。)

 

それではどうすれば
よいのでしょうか?

 

実は
起業創業の資金調達に
困ったらとっても
頼りになる金融機関が
あります。

 

しかも絶対つぶれない
メガバンクなんです。

 

その金融機関は
日本政府が100%出資する
株式会社日本政策金融公庫です。

 

 

創業融資は
日本政策金融公庫と
覚えておきましょう。

 

 

日本政策金融公庫で
創業融資を受けられなければ
他の融資は相当厳しいと
思います。

 

これから
創業融資を受けようと
考えている方のために
日本政策金融公庫について
まとめてみました。

 

 

日本政策金融公庫の特徴

 

日本政府100%出資の政府系金融機関

日本政策金融公庫は
2008年10月1日付で

  • 国民生活金融公庫
  • 農林漁業金融公庫
  • 中小企業金融公庫

 

が解体・統合し設立された
日本の政策金融機関です。

 

 

日本政策金融公庫の目的

日本政策金融公庫の目的は
株式会社日本政策金融公庫法
より定められています。

 

【目的】

一般の金融機関が行う金融を補完することを旨とし
国民一般、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を
支援するための金融の機能を担うとともに
内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害
テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために
必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により
迅速かつ円滑に行われることを可能とし
もって国民生活の向上に寄与することを目的として業務を行っています。

 

日本政策金融公庫 ホームページ プロフィールより

政府が100%出資しているので
政府の意向を強く反映した
金融機関になっています。

 

 

また民業圧迫に
なるような貸出業務は
しませんので必然的に
民間金融機関が手を付けずらい
リスクの高い貸出業務が
多くなります。
(不良債権率は民間に比較して高い)

 

 

日本政策金融公庫の業務概要

 

 

上記は平成29年3月31日現在の状況です。

 

関係図を見ると3つの公庫が
合併したことがよくわかります。

 

平成29年3月末で総融資残高は

18兆3,914億円

となっています。

 

小規模事業者が創業融資の時に
活用する事業部は国民生活事業
になります。

融資残高は7兆597億円

となっています。

 

民間金融機関と違うところは
株式の100%を保有する
日本政府の意向を大きく
反映した貸出業務を
行うところです。

 

 

民間金融機関は公共性が強いと
いっても自社の利益を優先した貸出業務になります。

 

 

創業支援や災害支援など
リスクがあり民間金融機関が
手がけにくい部分を
積極的に支援しています。

 

 

ちなみに
民間金融機関の代表者を
頭取とか社長と呼びますが
日本政策金融公庫の代表者は
総裁と呼びます。

 

 

 

日本政策金融公庫の創業融資の取り組み


将来の日本経済の発展を
支えていくためには
やはり企業を育成していく
ことが重要です。

 

創業起業期の事業者は
リスクが高く民間金融機関には
融資が難しい部分があります。

 

日本政策金融公庫は
政策金融機関として
創業事業者の資金不足を
解消していく大きな役割を
果たして行くでしょう。

 

下記の実績を見ると
起業創業者にとっては
とても頼りになる
金融機関と言えます。

 

 

小規模事業者を支援する

平成28年度(28/4~29/3)

  • 事業資金の融資先は88万先
  • 従業者規模は9人以下が9割
  • 1先あたり平均融資残高698万円
  • 無担保融資が全体の8割超

 

 

積極的な創業支援

平成28年度(28/4~29/3)

  • 創業融資先は2万8,392先(前年度比107%)
  • 融資金額2,055億円(前年度比107%)

 

創業融資は創業前及び創業後1年以内の企業に対する融資

 

女性・若者・シニア起業家を支援する

平成28年度(28/4~29/3)

  • 女性層の創業融資先は6,364先(前年度比115%)
  • シニア層の創業融資先は3,208先(前年度比102%)
  • 若年層の創業融資先は2,806先(前年度比114%)

 

女性・若者への創業融資が増加しました。

 

 

まとめ


政府の産業を育成していこうという
政策を反映し日本政策金融公庫は
積極的に創業融資を展開している
ことが実績からわかります。

 

創業起業を考えている方は
日本政策金融公庫に相談する
ことをオススメします。

 

日本政策金融公庫を
知りたい方は
ディスクロージャー誌を
ご覧ください。

(こちらからダウンロードできます。)

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資サービスKIK

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.