経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

女性起業家が新創業融資制度を利用して成功するための3つのコツ

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK

 

創業融資サービスKIK

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

女性起業家が
創業するとき苦労するのが
資金調達です。

 

そんな時に
資金調達を円滑にするために
ぜひ活用してもらいたい
融資制度があります。

 

 

日本政策金融公庫では
女性、若者/シニア起業家支援資金制度
設けて女性、若者、シニアの
起業を支援しています。

 

 

新創業融資制度には
上記資金制度を利用するときに
無担保・無保証人で利用できる
特例措置があります。

 

 

 

 

活用してみたいけどどのように融資を
受けたら良いかわからない
という女性起業家のために
新創業融資制度を利用する
ためのコツを以下3つに
まとめました。

 

上手に活用して
起業を成功させてください。

 

  1. 起業創業の知識を習得する
  2. 相談・申込から融資までの流れを知る
  3. 創業計画書を作成する

 

起業創業の知識を習得する


事業をすでに始めてる女性起業家
またはこれから始める女性起業家には
今後ビジネスや経営の知識
が必要になってきます。

 

まずは起業してどのように
ビジネスを展開していくのか
そのためにはどんな知識が
必要になるのか全体の概要を
しっかり掴んでおきましょう。

 

何か目的をもって旅行に
行くのと漠然と計画もなく
行き当たりばったりで
旅行に行くのとでは
その後結果に大きく差が
出るのは想像できると
思います。

 

でもいきなり専門的なことを
勉強するのには少し抵抗が
あるのではないでしょうか。

 

そんな方を対象に
日本政策金融公庫では
創業者向けに冊子を
作成しています。

 

コンパクトにまとまり
ビジネスや経営に必要な
知識をしっかり押さえて
いますのでせひ読んでみてください。

 

創業の手引

起業すぴりっと

中小企業庁が提供している
夢を実現する創業も参考になります。

また日本政策金融公庫では
創業者に対して融資実績が
あります。

 

 

起業した女性企業家の体験談や
成功事例をまとめた冊子を
作成しています。

 

 

こちらもこれから起業創業する
女性には大変有益な情報です。

 

 

苦労や成功のプロセスを
まとめていますのであなたの
将来やビジネスの将来を
イメージしやすいと思います。

 

女性創業者の創業事例集 NO.26

女性創業者の創業事例集 NO.28

 

起業創業の概要を理解
したところで次は
融資実行までの具体的な
流れを確認してみましょう。

 

相談・申込から融資までの流れを知る


実際に融資を受けるために
どのような手続・作業が
必要か確認してみましょう。

 

日本公庫の利用の流れは
以下になります。

  • 相 談・申 込
  • 面 談
  • 融 資 実 行
  • 返 済 開 始

 

相談・申込

申込窓口は、法人で創業される女性は
本店所在地、個人で創業される女性は
創業予定地の近くの支店となります。

近くの日本公庫支店はこちらから
確認できます。

日本政策金融公庫店舗

 

電話で相談する場合は
事業資金相談ダイヤル
相談ができます。

近隣に支店があれば
支店窓口で相談ができます。
このときに

創業計画書  (創業の手引に記入例があります。)
借入申込書  (借入申込書記入例

を作成して持参すると
円滑に話を進めることが
できます。

創業計画書は以下で
説明するので参考に
してください。

支店所在地はこちらで確認できます。
支店窓口

 

時間が取れない人は
インターネットから
申込することができます。
日本政策金融公庫

事業資金のお申込受付コーナー

 

起業創業する女性は
いろいろと不安も多く
わからないことも
多いとます。

 

日本公庫ではそのあたりを
相談に対応してくれます。

 

わからいことは
どんどん聞いて
みましょう。

まずはあなたが
起業創業する
ビジネスの構想を
創業計画書にまとめ
相談してみましょう。

 

一回でまとまることは
ないかもしれませんが
何度も相談したり
担当者とやり取りする
中で創業計画書も
しっかりまとまって
くると思います。

 

ぜひ行動してみましょう。

 

できれば
日本政策金融公庫の支店を
訪問して書類提出の段取りを
確認しておくのがよいと
思います。

 

 

借入申込書・創業計画書・資料等の
提出は郵便やメールでもできますが
相談は支店窓口を訪問する方が
心証がよいでしょう。

 

後の手続きも円滑に進みます。

 

面 談

創業計画書に基づき
面談が実施されます。

創業計画書を
しっかり作成していれば
こたえれる質問になります。

しっかりと
受け答えをしましょう。

 

わからないことが
あれば中途半端な
回答はせずその旨を
回答してください。


売上の根拠や

経費の明細等は
質問されることが
多いので答えられるよう
準備しておきましょう。

 

1時間程度で
面談は終了します。

 

必要に応じて
不足資料の提出を
要請されることが
ありますので期日までに
提出してください。

 

 

必要に応じて
借入申込書・創業計画書・その他資料を
面談時に提出することができます。


面談・必要書類提出が完了

すると融資審査が始まります。


面談結果の連絡には

1~2週間程度かかります。
融資の可否にかかわらず
通知されます。

通常は通知書が届きます。
結果の連絡を待ちましょう。

融資が承認されたら
以下の手順で進めます。

 

融資実行

融資が決まりますと、
借用証書など契約に
必要な書類が
支店から届きます。

契約の手続きが
完了するとあなたの
指定する預金口座に
融資金が振り込まれます。

 

返 済

返済予定表が
配布されますので
預金残高に不足が
出ないよう管理しましょう。
返済方法は、

  • 元金均等返済
  • 元利均等返済
  • ステップ(段階)返済

などがあります。

返済方法は契約時に
設定することができます。
事前にこちらで
返済シユミレーションして
おきましょう。

事業資金用 返済シミュレーション

 

創業計画書を作成する


創業計画書は
融資の審査に影響する
重要な書類になります。

しっかりと
内容を吟味し
整合性のある
創業計画書を
作成しましょう。

 

自分の取り組もうとする
事業構想を整理する
ためにも有効です。

 

創業計画書を作成して
自分の考えを整理して
しっかり説明できるよう
にしてください。

でも実際のどのように
作成してよいかわからない
というあなた。


心配は無用です。

日本政策金融公庫では
創業計画書作成の手引きを
準備しています。
それを読んで作成する
ことが可能です。


創業の手引

創業計画書の記入例が
記載されています。

業種別に
創業計画書例が
準備されています。
参考にしてください。

 

 

 

からないことは
創業の手引の中に
非常に丁寧に
わかりやすく
書かれています。

 

 

創業の手引の質問に答えて
いけば創業計画書
完成できるように
なっています。

電話やメールを
利用して問い合わせ
てみましょう。

 

この創業計画書
もとに相談します。

この計画書の内容が
融資審査にも影響
するのでしっかり
したものを作成して
ください。


特に売上の根拠や

経費の明細等は
しっかり応答できるよう
に準備してください。

 

 

また損益計算書を作成
するだけではなく
資金が不足しないか
確認できる資金繰り予定表
を作成すると相談審査が
スムーズに進められます。

資金繰り資料

 

まとめ


女性起業家は
日本政策金融公庫の
女性、若者/シニア起業家支援資金制度
新創業融資制度を活用してください。

 

特に
女性小口創業特例制度
あり300万円以内であれば
融資条件を緩和して
貸し出す制度となって
います。

 

以下の3つコツを理解して
借入申込をすれば比較的
高い確率で融資承認が
おります。

 

  1. 起業創業の知識を習得する
  2. 相談・申込から融資までの流れを知る
  3. 創業計画書を作成する

 

貿易起業家などの
物販事業であれば
300万円程度の
資金でも有利に
事業展開することが
可能です。

 

女性起業家は
ぜひ挑戦してみて
ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資サービスKIK

Comment

  1. 女性が起業するときに気になる融資のまとめ | 創業融資コンサルタントのブログ より:

    […] 新創業融資制度を利用して女性起業家が成功するための3つの方法 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.