経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

自治体の制度融資について誰もが知っておくべきこと

アバター
WRITER
 
自治体の制度融資について誰もが知っておくべきこと

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業・起業するときに
必要な資金をどこから
融資してもらったら
良いのでしょうか?

 

基本的には2つになります。

  • 日本政策金融公庫
  • 自治体の制度融資

 

でも自治体の制度融資
ってあまり聞いたことがない
という方も多いと思います。

 

実は起業するときに
便利な創業融資などもあり
知っておくと役に立つことが
たくさんあります。

 

 

今回は創業融資に役立つ
自治体の制度融資に
ついてまとめてみました。

 

起業・創業を
予定している方は
参考にしてください。

 

 

自治体の制度融資とは


自治体の制度融資は
全国的に統一された
制度が存在するわけでは
ありません。

 

自治体・信用保証協会・金融機関の
3者が協調して信用力が弱い
中小企業に資金を円滑に
供給する制度です。

 

主に都道府県単位の制度と
市区町村単位の制度があります。

 

基本的には都道府県の制度と
市区町村の制度と両方に
申請ができます。

 

どちらも信用保証協会の
保証が必要になりますので
どちらかで申請し審査に
落ちた場合は他方を申請しても
難しいと思います。

 

都道府県の申請がダメ
だから市区町村の申請を
してみようという考えは
やめましょう。

 

 

都道府県の制度

  • 市区町村に比べ手続きが早い。
  • 銀行保証協会自治体商工会などで相談申込ができる。
  • 信用保証料の補助 利子補給を実施しないところが多い。

 

都道府県単位で条件が異なりますので
必ず申請する自治体に確認しましょう。
自治体のホームページでも確認できます。

 

 

市区町村の制度

  • あっせん書・紹介状の発行に時間がかかる場合がある。
  • 窓口が自治体になることが多い。(あっせん書・紹介状発行のため)
  • 信用保証料の補助補給が実施されることが多い。

 

市区町村で条件が異なりますので
必ず申請する自治体に確認しましょう。
自治体のホームページでも確認できます。

 

 

 

創業融資制度

自治体が中心となり実施している
制度融資の中に創業者・新規開業者を
対象とした創業融資制度があります。

 

行政機関なのであまり
積極的に宣伝告知をしてい
ないので自治体が融資をあっせん
してくれることを知らない方が
多いようです。

 

創業・起業を目指す方は
積極的に活用しましょう。

 

 

自治体の制度融資の申請手続き


都道府県単位・市区町村単位で
申請手続きが異なることがあります。

 

詳細はあなたが申請を
予定している自治体に
確認することをおすすめします。

 

ここでは一般的な申請手順を
示しておきますので参考に
してください。

 

斡旋の申込み

自治体(市区町村)にあっせんの申込みをする。

自治体によっては
直接指定金融機関に
申し込む場合もありますので
申請する自治体のホームページを
確認してください。

 

融資の申込み

発行されたあっせん書を添付して
指定金融機関に融資を申し込みます。

 

保証承諾

指定金融機関は融資の
申込を受けて信用保証協会に
保証の申込みをします。

信用保証協会は審査により
保証の諾否を決めます。

 

融資実行

信用保証協会の保証承諾を受け
指定金融機関が融資を実行します。

自治体に融資実行の可否が
報告されます。

自治体により信用保証料の
補助や利子補給が行われます。

 

返  済

融資条件に基づき、事業者は
借入金を金融機関に返済します。

 

 

自治体の制度融資について誰もが知っておくべきことのまとめ


行政機関が主体の制度であるため
手続きに時間がかかることがありますが
創業を積極的に支援するという方針から
さまざまな支援優遇も受けられます。

 

創業・起業を考えている方は
ぜひ創業資金の調達先として
自治体の制度融資を上手に
活用してください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2018 All Rights Reserved.