経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

【独立開業】開業資金について誰もが知っておくべき3つのこと

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

独立開業を準備をするときに
悩むのが資金のことでは
ありませんか?

 

初めてのことなので
わからないことがたくさん
あると思います。

 

特に資金調達や融資のことが
わからないとだらけ。

 

そんなあなたのために
開業資金を借入れについて
以下3つにまとめてみました。

 

開業資金を
借り入れるために
参考にしてください。

 

  • 借入先は日本政策金融公庫で決まり
  • まずは事業計画を立てよう
  • 融資審査のポイント(こんな所が見られてる!)

 

 

 

借入先は日本政策金融公庫で決まり


開業資金を借りるときに
相談するのは銀行であると
思っていませんか。

 

創業・開業時の
法人・個人には
実績がないので
融資してくれません。

 

これが実際なので
あきらめてください。

 

2~3年事業を継続して
実績ができたところで
銀行に相談してください。

 

自治体の創業融資を
利用する方法があります。

  • 都道府県の制度融資
  • 市区町村の制度融資

 

上記の制度を
利用することも可能です。

 

時間がかかったり
手続きが煩雑であったりするので
優先順位としては日本政策金融公庫の
次として考えておきましょう。

 

各自治体ごとに
いろいろな優遇制度が
ありますので興味がある方は
チャレンジしてみてください。

 

インターネットで

自治体名+創業融資

 

などのキーワードで
検索すると詳細が
わかります。

 

やはり一番おススメなのが

日本政策金融公庫です。

開業資金の借入は
日本政策金融公庫に
相談するのが鉄則です。

 

おススメの理由としては

  1. 政府系金融機関なので創業開業融資に積極的。
  2. 創業融資の内容が充実している。
  3. 融資条件も創業開業者向けに設定されている。
  4. 審査から融資実行までの期間が短い(スピーディー)。
  5. 創業開業融資審査の経験が豊富。
  6. 創業開業の現状を把握している(様々な業種に融資している。)

 

 

創業開業融資の取り扱いが多いので
いろいろなメリットがあります。

 

日本政策金融公庫で審査が
通らないのであれば
融資はあきらめ自己資金で
開業してください。

 

次点として
自治体の制度融資に
申込することも可能ですが
日本政策金融公庫がダメで
あればなか厳しいと思います。

 

可能性はゼロではないので
申込はしてみましょう。

 

 

まずは事業計画を立てよう


開業創業を予定している
あなたは事業計画を
すでに準備していますか。

 

開業を予定しているので
あれば大まかな構想は
できているのでは
ないでしょうか。

 

可能であれば
完成した事業計画書を
もって日本政策金融公庫に
相談にいきましょう。

 

 

多くの開業者な何もわからないまま
日本政策金融公庫に相談に行き
いろいろ聞きながら
何度かやり取りをして事業計画書を
完成させ融資を申し込みます。

 

これからビジネスの世界に
入る経営者としては失格です。

 

いろいろなリスクを想定し
できることはすべて準備
してから臨むのがプロ
であり経営者です。

 

ビジネスの戦いは
すでに始まっていると
知るべきです。

 

初回の手ぶらで
何も準備しない相談段階から
すでにチエックが始まっています。

 

何も知らない準備を
していない人に
お金を貸せますか?

 

多分担当者は貸したくないと思います。

 

 

実際民間金融機関の銀行は
そうしています。
門前払いです。

 

 

厳しいとか思う前に
資本主義であれば
当然だと思うし銀行の
行っていることは
正しいと思います。

 

個人的には産業育成の
観点から創業者・開業者に
融資してほしいなと
思いますが私が銀行の
経営者であればやはり
貸さないと思います。

 

ただ新しい企業を育成しないと
日本経済は衰退してしまいます。

 

そこは国策として
明治維新以来やって
来ているので国をあげて
産業や企業を育成すること
になります。

 

そこで登場するのが
日本政策金融公庫です。

 

産業育成の観点から
担当者は貸さなくては
ならないのです。

 

貸したくない人の集まりから
できるだけ貸せそうな人を
見つけ出すのが審査です。

 

はじめて相談しに来た時に
手ぶらで何の準備もして
こないで、いちいち教えて
あげないといけない開業者と

 

すべての準備ができ
事業計画書を持参し
計画書の悪い所を
指摘してほしいと話す
明日からでも開業できそうな
開業者と

 

あなたはどちらに
お金を貸したいですか?

 

答えは一つですよね。

 

そして人は見た目が
9割以上なので
相談時はスーツで
びしっと決めて
いきましょう。

 

さらに人の印象は
ファーストインプレッション
第一印象で決まると
心理学の実験でも
検証されています。

 

初回の相談って
ものすごく重要なんです。

 

多分ここでなんとなく
融資額の目度って決まって
いるような気がします。

 

日本政策金融公庫の担当者は
そんなことありません
融資審査の中で判断しますと
いうと思います。

 

でも人は潜在意識に
入ってしまった情報は
顕在意識の中で
コントロールできません。

 

担当者も知らないうちに
潜在意識に入った
第一印象の情報によって
意思決定することに
なるので融資審査の可否に
影響を与えていると思います。

 

とにかく熟考して
事業計画書を作りましょう。

 

日本政策金融公庫では
創業時の事業計画書のことを
創業計画書と呼んでいます。

 

日本政策金融公庫では
【創業の手引】という
すばらしい冊子を
準備しています。

 

これを読んであなたの夢を
実現するための
すばらしい創業計画書を
作成してください。

 

下記からダウンロードできます。

創業の手引

創業計画書

 

 

 

融資審査のポイント(こんな所が見られてる!)


開業融資は融資審査を通らなければ
借りることができません。

 

それでは融資の審査では
どのようなところを見ているのか
ポイントをお伝えいたします。

 

ポイントをおさえて
創業計画書を作成し
融資審査にのぞんでください。

 

自己資金

自己資金はあなたが事業の
ために準備したお金のことです。

最近は自己資金の割合が
少ないあるいはゼロなどで
開業を希望する方が
増えています。

 

目安としては
総事業資金の
3割程度です。

 

理想としては5割です。

 

自己資金は大きな
ポイントになります。

 

開業するためにコツコツと
貯めてきた結果ですから
そこはしっかり見られます。

 

特に自己資金の
根拠は聞かれます。

通帳を確認します。
特殊な事情があれば
説明しましょう。

 

自己資金の割合が
少ないあるいはゼロという方は
マイナス評価となります。

 

自己資金が不足するのであれば
貯まるまで開業時期を延期して
良いと思います。

 

 

開業者の経験・能力

開業者の経験・能力は
非常に重要視されます。

 

理想としては前職で
経験がある業種です。

 

異業種がダメという
わけではありませんが
評価は下がります。

 

開業者の能力は
主に面談の応答に
より判断されます。

 

質問に的確に根拠の
ある回答をしましょう。

 

わからないことはわからない
としっかり答えましょう。

 

創業計画書をいい加減に
作成せず自分でしっかりと
考えてまとめているので
あれば質問に回答できると
思います。

 

自信をもって臨みましょう。

ここで効いてくるのが
初回相談の印象です。

 

わからないオーラ
満載でいった方と
明日から開業できます
オーラでいった方の
差がここで出ます。

 

担当者が意識していなくも
潜在意識の情報であなたを
とらえています。

 

好意的に見てくれているので
ここでさらに好印象で
あなたの高評価を固めましょう。

 

 

返済の可能性

融資には返済が必要です。

  • 返済原資は確保できているか
  • 返済原資の源泉となる売上に根拠があるのか

 

確認されます。

 

創業計画書上利益が上がり
返済ができる計画に
なっているかどうかが重要です。

 

このあたりも創業計画書を
作成するときに検証し根拠を
説明できるようにしましょう。

 

事業が順調に行かない場合の
低売上計画も作成してリスクに
備えてください。

 

返済などの関係で
確保しなければならない
最低売上ラインをしっかり
理解しておきましょう。

 

さらに撤退計画も準備しておきましょう。

 

ほとんどの開業者は準備しませんが
ある程度の規模の企業は撤退する
デッドラインを決めスタートします。

 

デッドラインを越えれば事業を
やめる判断をします。

 

そうしないと赤字を垂れ流し
損失を増やしてしまうからです。

 

 

 

 

独立開業に必要な開業資金について誰もが知っておくべき3つのことのまとめ


今回は他ではあまり
取り上げないことは
書いてみました。

 

ビジネスは
心理戦であり交渉事です。
準備が大切です。

 

ビジネスは勝者敗者が
はっきりする世界です。

 

勝負は時の運といいます。

 

勝つときは運が味方する
こともあります。

 

負けるときには必ず
原因があります。

 

多くの場合、敗因は
人的な判断エラーです。

 

そのことにすら気が付かず
環境や他人のせいにして
奈落の底に落ちていった
たくさんの経営者を
見てきました。

 

そうならないためにも
しっかりと創業計画を立て
堅実な経営に努めてください。

 

開業資金を借り入れるためには
以下3つのことに注意しましょう。

 

  • 借入先は日本政策金融公庫に決める。
  • 創業計画書をしっかり作成する。
  • 融資審査のポイントを理解する。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.