経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

開業資金を銀行から借りるために知っておくべき4つのこと

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

銀行から開業資金を借りたい人は
このブログを読むとそのポイントが
理解することができます。

 

やはり開業には資金が必要ですよね。

 

自己資金ですべてを
賄うことができれば
理想ですが、実際には
そのようなことは
難しいのが現実です。

 

 

でも頑張って開業資金を
銀行から借りちゃいましょう。

 

しかしながら、銀行は誰に対しても
融資をしてくれるわけではありません。
特に創業や開業の融資には
厳しい審査基準をもっています。

 

 

それでは、開業資金を
銀行から借り入れるときの
ポイントを紹介します。

 

 

自己資金を準備する

まず何よりも重要なことは
開業する前に貯蓄を
しておくことです。
(自己資金の貯蓄)

 

業種にもよりますが
開業するには最低でも
1000万円程度必要になります。

 

この金額の半分程度まで
貯めることができれば理想的です。

 

開業資金を銀行に
申請すると、銀行は
必ず自己資金がいくら
あるのかを調べます。

 

ここで貯蓄が少ない場合は
融資を断られる可能性があります。

 

審査が通過するラインは
開業資金の半分前後です。

 

 

開業する資金が1000万円なら
500万円は自己資金として
持っておきたいところです。

 

もちろん、半分よりも
少ない場合でも
借り入れることが
できる場合もあります。

 

それは連帯保証人などがあるケースです。

 

 

無担保無保証人の場合は
自己資金の目安として
事業資金全体の1/2では
必要です。

 

 

都市銀行ではなく地方銀行・信用金庫に相談する


2つ目のポイントは
都市銀行ではなく
地方銀行・信用金庫から
借り入れることです。

 

都市銀行の場合は
新規事業に対して積極的に
融資をすることはありません。

 

 

一方、地方銀行・信用金庫
であれば地域の活性化を
考慮して支援に積極的です。

 

 

 

 

連帯保証人を準備する


3つ目のポイントは
連帯保証人になってくれる人を
探すことです。

 

無担保無保証人制度では
開業資金の半分の金額を準
備すれば融資を受けられる可能性が
ありますが、実際のところ審査の
通過率は低いです。

 

 

やはり連帯保証人になってくれる人を
見つけた上で融資の申請をした方が
審査が通過しやすいです。

 

 

家族や親戚など近しい人間に
相談してみるとよいでしょう。

 

 

申請中に銀行から
連帯保証人がいれば
融資できるといわれてから
探すのでは時間が
かかりすぎます。

 

 

 

 

融資の専門家に相談する


4つ目のポイントとしては
開業する前に専門家の意見を
聞いておくことです。

 

お金の借り入れなどの
問題に関しては
プロのコンサルタントが
数多くいます。

 

たとえば

  • 税理士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士
  • 資金調達コンサルタント

 

などが代表的なものです。

 

相談するときには有料になります。
料金の相場はだいたい
5000円から30000円程度です。

 

 

専門家を選ぶときには
専門知識や経験のあるところ
から検討してみるとよいでしょう。

 

経験豊富なコンサルタントで
あればあるほどさまざまな
解決策を持っています。

 

是非利用してみましょう。

 

 

 

開業資金を銀行から借りるために知っておくべき4つのことのまとめ

銀行からお金を借り入れることは
簡単ではありませんが今回説明した4つのポイントを
押さえて銀行に融資の申請をすれば開業資金を
借りられる可能性は高まります。

 

  • 自己資金を準備する
  • 都市銀行ではなく地方銀行・信用金庫に相談する
  • 連帯保証人を準備する
  • 融資の専門家に相談する

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.