経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

開業資金を調達する方法【独立開業者必見】

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

これから独立開業を考えているのなら
まず最初に考えなくてはいけないのが
資金についてです。

 

開業資金はどういった仕事を
始めるにしても必ず必要な物で
金額によってはその後の経営に影響を
与えるケースも少なくありません。

 

 

そこで今回は、開業に必要な資金の
調達方法についてご紹介します。

 

 

知人や身内に出資してもらう

開業における自己資金の
調達で、最も身近で
相談しやすいのが
自分の周りにいる人間
と言えます。

 

友人や身内であれば、自分の考えを
理解して協力してくれる場合も
多く、一般的な金融会社とは
異なり利息などが必要ないことが
大きなメリットです。

 

とはいえ
ある程度まとまった金額が
必要になるので複数の人間から
借り入れなくてはいけない
こともあります。

 

返済のトラブルによる人間関係の
悪化などには気を付けなくてはいけません。

 

 

新創業融資制度の利用

日本では新たに会社を
立ち上げようと考えている人達
の後押しをしてくれる環境が
整っています。

 

それがこの新創業融資制度になります。

 

こちらは、日本政策金融公庫に
新規事業の相談を持ちかけることで
無担保で開業に必要な資金を
融資してもらえる制度です。

 

 

保証人なしでも借り入れができて
それまでの確定申告などの実績が
ない人で融資が受けられるという点は
大きなメリットになります。

 

融資のスピードも速く
最短で申請から1ヶ月程度で
受け取ることが可能です。

 

 

ただし
他の選択肢に比べて若干利率が
高いのが難点とも言えます。

 

 

国ではなく自治体を利用した借り入れ

日本政策金融公庫と同様に
開業資金の調達で
比較的多く利用されているのが
地方自治体からの融資制度です。

 

 

この制度は自分の住んでいる地域を
管轄している自治体に開業の申請を行い
それを受けて自治体が銀行への融資を
依頼するやり方になります。

 

 

この仕組みを聞いた人の中には
だったら直接銀行に融資の依頼を
すればいいじゃないかと考える人も
少なくありません。

 

しかし
銀行に直接依頼をした場合
それまでの経営における実績が
ない新規開業であることから
融資をしたお金が無事に返済される
保証がないという理由で
断られるケースが多くあります。

 

そういった返済のリスクをなくすために
自治体が融資を斡旋し信用保証協会が
保証してくれる制度になります。

 

 

利用におけるメリットは
新創業融資制度と同様に
保証人の必要もなく無担保での
融資が受けられる点です。

 

 

そのほかにも、金利が安く
返済しやすいなどプラスになること
が多い反面、融資までの期間に
若干時間がかかるという
デメリットもあります。

 

早急に資金が必要な人は
気を付ける必要があります。

 

 

地域の信用金庫・信用組合などを利用する

銀行は創業や新規開業の
融資に消極的です。

 

基本的には融資をしません。

 

ただし
信用金庫・信用組合は
地域性が強いので
地元創業開業には積極的です。

 

 

これは多くの信用金庫が
地域密着をコンセプトとしていて
自分達の街の活性化に力を
入れているのが理由になります。

 

銀行よりも審査のハードルが
低く融資が受けやすいのが
信用金庫・信用組合の特徴です。

 

地元の経営者などに
紹介してもらい
チャレンジしてみては
いかがでしょうか。

 

こういった金融機関での
借り入れでしっかりと
返済をしたという実績を
作っておくことは
その後の事業拡大での
新たな借り入れの時に
有利に働くのでおすすめです。

 

 

開業資金を調達する方法【独立開業者必見】のまとめ

開業に必要な資金調達には
以下の4つの方法があります。

あなたに合った方法を
検討してみましょう。

 

  • 知人や身内に出資してもらう
  • 日本政策金融公庫の新創業融資制度
  • 自治体を利用した借り入れ
  • 地域の信用金庫・信用組合などを利用する

 

 

新規で事業を始める人の中には
誰にも頼らずに自分で資金を貯めて
行なうと考える人も少なくありません。

 

 

しかし、どういった仕事であっても
開業までの準備費用や経営が軌道に
乗って利益が出るようになるまでの
収入の確保などでまとまったお金が
必要になります。

 

 

そのため、開業がゴールではなく
その後の事業を成功させるためにも
自分に合った形で融資を
受けることが大切です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.