経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

ネイルサロンの開業資金について知っておくべきこと

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

ネイリストをしている
女性の中には、いつか独立して
自分のネイルサロンを持ちたいと
考えている人も多いのでは
ないでしょうか。

 

ネイルサロンを開業するにあたっては
特別な資格は必要なく

 

「まつ毛エクステ」

 

のサロンのように保健所への
届けも必要ありません。

 

店舗の広さもエステサロンなどに
比べて大きなスペースは
必要ないので、家賃も安く
抑えることができます。

 

これだけを聞くと
誰でも簡単にネイルサロン
を開業できそうですが、実際には
どの位の開業資金が必要なのでしょうか。

 

以下
ネイルサロンの開業資金
についてまとめました。

 

ネイルサロンの開業を
目指している方は
参考にしてください。

 

 

家賃・内装費など店舗にかかる資金


まずは店舗を借りるための資金です。

最近では自宅の一室を
ネイルサロンとして利用する人も
いますので、この場合には
初期費用などは掛かりません。

 

しかしテナントを店舗として
借りる場合には

  • 保証金
  • 仲介手数料
  • 前家賃

 

などが初期費用としてかかります。

 

仮に家賃を10万円とした場合

 

一般的に保証金は
家賃の8ヶ月分から10ヶ月分程度が
相場なのでおよそ100万円程度です。

 

仲介手数料と前家賃が
それぞれ1ヶ月分ずつだとした場合
20万円ですので、合計でおよそ
120万円程度掛かります。

 

もう少し費用を抑えたい場合には
マンションの一室を商用として
借りる方法もあります。

 

ネイルサロンの場合
大きなスペースは
必要ありませんから
一人暮らし用の
間取りの部屋で充分です。

 

この場合に掛かる費用は

  • 敷金礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃

 

など住まいとしてマンションを
借りる時と同じ位の費用ですので
30万円から50万円程度が目安です。

 

テナントでもマンションでも
立地や広さによって家賃が
大きく異なりますから
それに伴って初期費用も
変わってきます。

 

内装費については
本格的に工事を行う場合
30万円から50万円掛かります。

 

 

しかし内装工事の必要がない物件を
選んだり、簡単な内装なら自分で
行うことで費用が抑えられます。

 

 

物件を借りる際には
初期費用だけでなく、どの程度内装が
必要なのか考えて選びましょう。

 

 

家具・ネイル用品など備品にかかる資金


ネイルサロンに絶対に
欠かせないのが施術をするための
椅子、テーブル、そして商売道具で
あるネイル用品です。

 

他にも
道具やネイル用品の
ストックをしまうための棚
予約や顧客情報を管理するための
パソコン、電話、照明器具
などの大きな家具や電化製品から
ネイルカラー、ジェル用品、タオルや
ペーパーといった消耗品まで沢山あります。

 

 

目安としては10万円から50万円程度ですが
必要な物を細かく書き出して掛かる費用を
計算しておきましょう。

 

 

 

広告費・宣伝費


新規で開店したサロンでは
まず、お客さんにお店のことを
知ってもらうのが大切です。

 

ホームページやブログなどで
お金を掛けずに集客することも
できますが、チラシを作成して
配ったり、地域情報誌に広告を
出したりすることで積極的に
お店のアピールをしていきましょう。

 

予算は5万円から10万円程度をみておきます。

 

ネイルサロンの開業資金について知っておくべきことのまとめ


サロンの場所や、どんな雰囲気の
お店にするかによって
大きく予算は変わります。

 

自宅などを利用すれば30万円程度で
開業することも可能ですが、テナントを
借りる場合には最低でも100万円以上必要です。

 

 

しかし、開業資金を抑えたいがために
集客に不利な立地に店舗を構えるなど
妥協してしまい、その後の事業が
うまくいかなくなっては本末転倒です。

 

 

折角自分のサロンを持つのなら
どんなサロンにしたいのか
具体的にイメージして
それに合った予算を
立てていくことが大切です。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2019 All Rights Reserved.