経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

【開業資金】飲み屋を開業したいと考えている人へ!

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資・開業資金の専門家
創業融資コンサルタントの鳥倉です。

 

一口に開業といっても
選ぶ仕事によって
必要となる金額が異なります。

 

飲み屋などの飲食店の場合は
お店の立地やスペースによっては
多額の資金を用意しなくては
いけないため、これらを慎重に
考慮することが大切です。

 

そこで今回は、飲み屋を始めるために
必要な開業資金についてご紹介します。

 

 

家賃を含む物件取得の諸経費


飲食店を始めるにあたって
最初に考えなくては
いけないのがお店の
場所選びです。

 

物件の家賃は場所や
敷地の広さによって金額に
大きく違ってくるため、利便性や
人通りの多さなどから慎重に
行なわなければいけません。

 

物件を借りるために
必要となるのは主に
保証金と前家賃と
不動産仲介料といった物です。

 

これはそれぞれの地域に
よって異なりますが
一般的には家賃の
8~12ヶ月分が
目安とされています。

 

 

もし家賃15万円の物件を
借りるのであれば150万円前後と
考えておけば問題ありません。

 

 

お店作りに欠かせない内外装の工事費用

お店の場所が決まったら
次に行なうのが内装工事です。

 

空調設備や水周りといった
設備はもちろんのこと、ライバル店に
負けないための自分なりのお店作りなど
やならくてはいけない工事が
たくさんあります。

 

お店を開業する上で最も大きな
出費となるこの内装工事は
お店の場所やスペースによる金額の
違いはあっても、最低数百万円の
資金は必要になります。

 

もしこれらの費用を少しでも
抑えたいのであれば、居抜き物件を
選ぶのも一つの方法です。

 

 

居抜き物件とは、以前別の店が
使用していて水周りや空調の設備が
そのまま残っている状態の物件になります。

 

 

これらの設備をそのまま使用すれば
新たな内装工事の必要が
なくなり大幅なコストカットが可能です。

 

 

しかし、スケルトン物件のように
自分のイメージ通りのお店を
作りづらいという難点もあるので
その点は気を付けなくてはいけません。

 

 

イスやテーブルなどの消耗品・備品の準備


内装工事以外にも、お店で使用する
消耗品の準備も欠かせないポイントです。

 

テーブルや照明などは
お店のイメージに合わせた
こだわりで選ぶ場合、強度やデザインによって
市販品よりも高くなることがあります。

 

それらを必要な数だけ揃えるとなると
トータルで多額の金額になってしまという
ケースも少なくありません。

 

とはいえ、これらの消耗品はお
店選びや買い方次第では
安く購入することはできるので
それほど大きな問題はないと言えます。

 

 

お店が軌道に乗るまでの運転資金の確保


新しくお店を開業する場合
事前の顧客の確保や大々的な宣伝などを
行なっていない限り、すぐに利益を
出すのは難しい物です。

 

 

一般的にお店が軌道に乗って
安定した利益を確保できるまでには
数ヶ月の期間は必要とされています。

 

 

例えお店の収入が安定していなくても
毎月の人件費や家賃を支払う必要があるので
これらの出費を想定したお金を
用意しておくことが重要です。

 

 

自分の生活費も含めて余裕を持って
半年くらい払えるようにしておくのが
望ましいと言えます。

 

 

飲食店は場所によっては
ライバル店との競争も激しく、新規でお店を
開業する場合は他店にないこだわりの
お店にするなどの努力が必要です。

 

 

必要な部分の投資はケチらずに
削れる所を上手に節約することが
飲み屋の開業の成功の
ポイントになります。

 

 

【開業資金】飲み屋を開業したいと考えている人へのまとめ


飲み屋を開業するには
以下のような資金が
必要になります。

 

  • 家賃を含む物件取得の諸経費
  • お店作りに欠かせない内外装の工事費用
  • イスやテーブルなどの消耗品・備品の準備
  • お店が軌道に乗るまでの運転資金の確保

 

必要な資金を事前に見積もり
計画的に開業を準備しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.