経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

【開業資金】コンビニを開業したいと考えている人へ!

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資・開業資金の専門家
銀行融資コンサルタントの鳥倉です。

 

日本国内の隅々に出店し
成長しているコンビニ業界。

 

日本の国民生活には
なくてはならない
コンビニ産業ですが
将来の少子高齢化が
進む中で今後も成長が
期待されています。

 

そんなコンビニ業界で
開業を検討している方も
いるのではないでしょうか。

 

今回は気になるコンビニ経営の
重要ポイントについて
以下3つにまとめてみました。

 

  • コンビニを経営するために必要な開業資金とは
  • コンビニを開業するまでに必要な費用がある
  • 開業後、発生する資金がある

 

コンビニの開業を
検討している方は
ぜひ参考にしてください。

 

 

コンビニを経営するために必要な開業資金とは?


コンビニを開業するためには
フランチャイズに
加盟する必要があります。

フランチャイズに加盟すると
契約するコンビニのブランド力を
利用できますし、本部から経営に
関してのノウハウを得ることができます。

 

しかし、フランチャイズのメリットを
利用できる代わりに

「フランチャイズ加盟金」

 

と呼ばれる初期費用を
支払わなければいけませんが
具体的な金額は選択する
プランで違ってきます。

 

また、コンビニを開業する土地も

「土地・建物を本部から借り受ける」

あるいは

「土地・建物を所有している」

 

の2パターンがあり、自己資金は
最低でも300万円位は
必要といわれています。

 

もし、土地や建物を所有していても
内装にかかった費用はオーナーが
負担する場合もありますので
契約するコンビニの担当者か
説明会で話を聞いておいた方が
賢明です。

 

さらにコンビニの開店に向けて、
準備しなければならない商品を
仕入れるための費用も不可欠です。

 

中には加盟金の融資を
してくれるコンビニもありますが
大半のコンビニでは開業資金は
自ら準備する必要がありますので
用意した方が安心できます。

 

注意点としては、フランチャイズ加盟金は
支払ってしまうと戻ってくることのない
費用のため、じっくりと検討して
「加盟する」と明確に決めた後で
払うことが肝心です。

 

例えば、自分が納得できない店舗を
斡旋されたり、店舗がないために
紹介すら受けられないこともあるので
加盟金を納めた後だともめる可能性があります。

 

その上、店舗が見つからないうちに
加盟金の支払いを要求される場合が
あるため、落ち着いて冷静に対処しましょう。

 

 

コンビニを開業するまでに必要な費用がある


どのコンビニと契約を交わすのか
色々検討した結果、フランチャイズ加盟金を
支払うことになります。

 

ただ、開業するまでの期間研修などを
受ける必要がある上に、加盟金を納めてすぐに
開業できるわけではありませんので、その期間の
生活費をあらかじめ工面しておかなければなりません。

 

生活費の目安ですが、
少なくとも3か月程度生活
できる費用は用意しておきます。

 

また、コンビニを開店できても
収入が安定するまでは、困らないように
生活費以外にも公共料金・スタッフの
人件費も準備しておきます。

 

それ以外にも

  • 研修費
  • 開業サポート費
  • 保証金

などがかかる会社もありますから、不明点があれば
確認した方が良いでしょう。

 

 

開業後、発生する資金がある


コンビニ開店後、人件費や公共料金と
いった費用がお店を経営する上で
必要ですが、生活費も重要です。

 

そして、コンビニの経営を
維持していくために大切なのが

「ロイヤリティ」

と呼ばれる費用で
毎月本部に支払わなければ
ならないものです。

 

このロイヤリティは、その店舗で発生した
売上総利益に応じて支払額が決まる
ケースが大半ですし、その会社によって
支払額が違ってきますので、どの会社が
自分たちに合っているのかを
見定める材料になります。

 

 

【開業資金】コンビニを開業したいと考えている人へ!のまとめ


コンビニを経営するためには

「フランチャイズ加盟金」や

「ロイヤリティ」

 

は欠かせない費用ですが、コンビニを
開業するまでの間に困らないように、生活費を
事前に準備しておく必要があります。

 

それ以外にも研修費や開業サポート費、保証金
などが必要な会社もありますので、分からない点が
あれば何でも確認しておきましょう。

 

コンビニと一言でいっても、運営方針や
必要な項目、かかる費用は様々ですので、
どの会社の方針が自分に向いているのか
検討してみることが肝心です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.