経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

【独立開業】自己資金について誰もが知っておくべきこと

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資・開業資金の専門家
銀行融資コンサルタントの鳥倉です。

 

「自分のやりたいことをして生きる」

 

のひとつ選択に「開業」があります。

 

以前と比べて開業するための
ハードルが低くなりました。

 

とはいえ、オフィスや店舗を
持って開業・運営するためには
それなりの資金がかかります。

 

 

では、その資金を確保するためには
どのような方法があり
自己資金なしでも開業は
できるのでしょうか。

 

 

自己資金なしで開業することはあり得ない


開業するにあたり、どんな形であっても

「自己資金なしで開業する」ということはあり得ません。

 

たとえ、自宅の一室を使う場合で
あっても、何らかの形で支出をします。

 

メモを取るための使うペンや
紙も経費ですし、インターネットで
ホームページを作るといったことでも
インターネット代や電気代が発生します。

 

まして、オフィスや店舗を
持つとなれば、万単位の支出となります。

 

また、開業して、その運営に専念すると
なれば、その間の生活費は
売上から取るか、貯金などを
取り崩すか、どちらかとなります。

 

必ずしも売上が上がるとは
限りませんし、上がっても
運営にかかる経費の支
出でなくなり、生活費にまで
捻出できないこともあります。

 

 

そのため、自己資金なしで
開業することは不可能です。

 

 

もし、開業しようと決めたら、開業に
最低限必要な開業資金や運転資金、事業が
軌道に乗るまでの生活費を見積もりましょう。

 

 

そして、その総事業見積額の最低でも3分の1を
目標に貯金などで自己資金を確保しましょう。

 

 

 

親族や友人、知人などに出資を呼びかける


オフィスや店舗を
持って開業する場合
自己資金だけでは
なかなか難しい
かもしれません。

 

 

そのようなときは
融資を考える前に、親族や友人、知人などに
開業の意思があることと事業内容の説明したうえで
出資してもらえないか、呼びかけてみましょう。

 

 

はじめは上手くいかず
何度も説明することに
なるかもしれません。

 

 

しかし
事業に対する理解が得られれば
出資だけではなく、色々な面で
サポートしてくれる良き
パートナーとなる可能性があります。

 

 

 

融資なら銀行より日本政策金融公庫に相談しよう


もし、自己資金や出資金だけでも
足りない場合は、融資を考えましょう。

 

とはいえ、融資は利子を
付けて返すことが前提ですから
最低限必要な金額にしましょう。

 

そのためには、まず一度、事業計画を
見直してみる必要があります。

 

事業規模が大きすぎてはいないか
家賃などの経費がかかりすぎていないかなどです。

 

 

初めて融資を受けるためには
必ず「事業計画書」の提出が
求められます。

 

 

当然、事業規模や運転計画、売上見込みなどを
見積もる必要が出てきますので
融資を受ける前に、事業計画を見直すことは
重要なことと言えます。

 

また
初めて開業するための
融資であるならば
銀行より日本政策金融公庫に
相談しましょう。

 

 

資金面以外の開業に関する相談も
できますし、融資の幅も広いです。

 

 

一方、銀行の場合、融資を受ける以前の
実績が求められることが多く、融資が
受けられないかもしれません。

 

 

 

独立開業の自己資金について誰もが知っておくべきことのまとめ


開業するにあたり、開業資金について
考えることは、事業の全体像から
実際の運営に至るまでのことを
考えるのと同じことです。

 

そのなかで、自己資金なしで
開業することはまずあり得ません。

 

まずは、自己資金を確保しましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.