経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

レストランの開業資金はいくら必要なのか

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

レストランなどの飲食店を
新たに開店する場合
そのためにかかる開業資金は
おおむね700万から
1200万円程度だと
言われています。

 

もちろんこの金額は
業態やお店の規模、出店する
場所や地域によっても
変わってくるので
一概には言えません。

 

目安としては
1坪あたり50万から80万円が
相場と考えてよいでしょう。

 

仮に30坪のお店を
オープンするのなら
1500万から2100万円程度を
用意しておくのが無難です。

 

 

レストランを開業するときに
どのようなものに資金が
必要かまとめました。

 

これからレストランの開業を
考えている方は参考にして
ください。

 

 

レストラン物件の取得費


具体的な開業資金の内訳としては
まず物件取得に関する費用が
挙げられます。

 

これはテナントを借りる際の
保証金や敷金などです。

 

一般的に住居用物件の場合には
保証金などは半年分のことが
多いですが、事業用物件の場合には
賃料の10ヶ月分が保証金と
なっていることが多いようです。

 

そのためもしも家賃30万円の
物件を借りたいのなら、保証金は
300万円になると思っておいた方が
よいでしょう。

 

実際には不動産取得にかかる費用は

 

「前家賃+保証金+礼金+仲介手数料」

 

になります。

 

特に物件の取得に関する費用は
開業資金の中でも大きな割合を
占めるものになるため、仮に融資を
受けるとしても、物件取得費は
自己資金で賄えるように
しておくことが大切です。

 

 

 

レストランの内外装工事費


その次にかかるのが
店舗の内外装工事などの費用です。

レストランの場合には
厨房機器を欠かすことができません。

 

それ以外にもお店を開店する場合には
テーブルや椅子などのインテリアのほか
食器や調理器具を揃えておく必要があります。

 

また外装や看板も集客のためには
決しておざなりにすることは
できないポイントです。

 

 

内装工事業者に厨房機器などの
調達を依頼すると、業者の経費が
上乗せされて割高になることが
多くあります。

 

必要なものはちゃんと
自分で購入することが大切です。

 

そのほかに厨房機器などに
かかる費用を少しでも
抑えることができる方法としては

 

「居抜き物件」

を借りるという方法があります。

 

「居抜き」とは前の借主が
使用していた厨房機器や
内外装をそのまま受け継ぐことで
これらにかかる費用を
節約することができるでしょう。

 

ただしその場合には
前の借主に対して
譲渡金を支払う必要が
あります。

 

 

譲渡金は受け継ぐ
調理器具などの
状態や経過年数によって
その金額は変わってきますが
およそ数十万から
数百万円程度になります。

 

 

 

レストランの運転資金


そして開業資金の中で忘れては
ならないポイントは
宣伝広告費のような
開店後の運転資金を
あらかじめ用意して
おくことです。

 

初めて店を出す人の多くが
陥ってしまうのが、開店後の
運転資金不足です。

 

 

そのようなことに
ならないよう、出店後に
お金がかかる可能性のある項目は
あらかじめちゃんと書き出しておき
資金がショートしてしまうことのないよう
緻密な計画を立てておくことが大切です。

 

特に開業後すぐは客足が
思うように伸びないことも
多くあります。

 

 

しばらくは売上が不安定に
なってしまうことを
あらかじめ想定して
おきましょう。

 

 

 

レストランの開業資金はいくら必要なのかのまとめ


レストラの開業資金は
大きく次の3つの項目で
構成されています。

  • 店舗取得費
  • 内外装工事費
  • 運転資金

 

「開業資金=店舗取得費+内外装工事費」
と考えている人が多いですが

実際には

「開業資金=店舗取得費+内外装工事費+店が軌道に乗るまでの運転資金」

 

と考えておくのがおすすめです。

 

【開業資金参考】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2019 All Rights Reserved.