経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

日本政策金融公庫の創業融資はこの5つのポイントを押さえなさい!【創業融資突破の秘訣】

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

起業するときに
必要な資金を借りれれるか
借りられないかは非常に
重要なことです。

 

日本政策金融公庫の融資
を予定している方も
多いのではないでしょうか。

 

ここで問題なのは
申請した全員が借りられる
わけではないということです。

 

創業融資の審査が
あるわけですが

 

なぜ落ちる方と
受かる方がいるの
でしょうか。

 

融資の審査基準が
公表されていないので
正確なことはわかりません。

 

 

審査を通った方を
みてみるとある一定の
傾向が見えてきます。

 

それは
絶対的正解ではありませんが
創業融資コンサルタントの視点で
まとめてみました。

 

  • 初回の相談あるいは審査面談で5割以上は決まる
  • 政策の意向を理解する
  • 自己資金
  • 経験能力
  • 創業計画書(返済原資)
  • 日本政策金融公庫の創業融資はこの5つのポイントを押さえなさい!【創業融資突破の秘訣】のまとめ

 

 

 

 

初回の相談あるいは審査面談で5割以上は決まる


起業するときの融資に
ついては日本政策金融公庫と
自治体の制度融資を利用する
ことが可能です。

 

多くの方は日本政策金融公庫を
融資申請先に選んでいます。

 

初回の相談は
直接日本政策金融公庫の
支店を訪ねることになります。

 

相談担当者がそのまま
審査面談の担当を
することもあります。

 

実は相談・面談は
日本政策金融公庫の
融資審査で重要な
ポイントなんです。

 

でもほとんどの方は
あまり準備をせずに
臨んでいます。

 

もちろん提出書類の準備と
簡単な質疑応答などの
事前トレーニングは
やるかもしれません。

 

本当は
あなたが考える以上に
第一印象は大切なのかも
しれません。

 

そこでほぼ決まっても
おかしくないのかも
しれません。

 

民間の金融機関は
基本的に常連さんを相手にします。

常日頃情報交換をして
コミュニケーションを取り
良く知っている相手の
融資審査をします。

 

だから融資の可否について
お互いにある程度予想
することが出来ます。
(難しい案件は先に断られます。)

 

 

それに対して日本政策金融金庫は
一見のお客様が多くいます。
もちろん長期にわたって取引する
常連さんもたくさんいます。

 

創業融資は一見客です。

 

はじめてくるお客様を
その場で評価するのは
とても難しいことです。

 

でも永年たくさんの審査を
経験していると目利きができるように
なり審査の重要なポイントを
理解できるノウハウが
蓄積されていきます。

 

だから日本政策金融公庫の
融資担当者は相談・面談・提出書類で
一見客の審査ができるのだと思います。

 

この点については
民間金融機関は
創業融資の審査をできる
ノウハウをもっていません。

 

相談や面談でヒアリングして
面談当日にはほぼ融資審査の
可否についてあたりをつけています。

 

不明確な要因や判断しずらい
事項ついては面談後に
その根拠を確認したり上席の
アドバイスを仰いでいるので
しょう。

 

ではどんな対策を
すればよいかというと

 

事前準備をしっかりする

 

ということです。

 

中途半端な状態で相談するのではなく
事業構想や創業計画をしっかり
作りこみ完成形で相談しましょう。

 

あたりまえのことを
当たり前のようにやるだけです。

 

厳しいですがそもそもダメものは
ダメであってどんなに頑張っても
融資は受けられません。

 

創業融資コンサルタントの私でも
初回1時間程度の面談でいいか
悪いかわかります。

 

おそらくほかの専門家も
そうだと思います。

 

日本政策金融公庫の審査数は
半端じゃないから担当者は
より優秀だと思います。

 

確実に相談と初回面談で
即日判定しているでしょう。

しっかり対策してください。

 

 

 

政策の意向を理解する


ここはあまり理解されて
いないので書きたいと思います。

 

日本政策金融公庫が
政府系金融機関で
あることは知られています。

100%政府出資の政策金融機関です。

 

民間の金融機関と違うところは
出資者が政府なので
政府の意向が反映されて
いるということです。

 

日本政策金融公庫の
融資審査を受けるのであれば
まずは日本政策金融公庫が
どのような方針で運営されて
いるか理解することが重要です。

 

その意向に沿った対応を
するのが重要です。

 

ほとんどの方が理解していないと
思うのでしっかり理解するように
しましょう。

 

では日本政策金融公庫は
どのような方針で運営されているか
確認してみましょう。

 

以下日本政策金融公庫のホームページより
抜粋いたしました。

 

日本政策金融公庫の経営方針

 

基本理念

  • 政策金融の的確な実施
    国の政策の下、民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに
    対応して、種々の手法により、政策金融を機動的に実施する。

 

  • ガバナンスの重視
    高度なガバナンスを求め、透明性の高い効率的な事業運営に
    努めるとともに、国民に対する説明責任を果たす。
    さらに、継続的な自己改革に取組む自律的な組織を目指す。

 

経営方針

  1. お客さまサービスの向上
  2. セーフティネット機能の発揮
  3. 日本経済成長・発展への貢献
  4. 地域活性化への貢献
  5. 環境やエネルギーへの配慮、低コストで効率的な業務運営
  6. 働きがいのある職場づくり
  7. リスク管理態勢の整備、コンプライアンス意識の定着

 

 

業務の概要

数多くの小規模事業者への小口融資

 

セーフティネット機能を発揮

 

創業企業、事業再生などを支援

 

ソーシャルビジネス、海外展開を支援

 

商工会議所・商工会、生活衛生同業組合などと連携

教育ローンによる支援

 

 

経営方針は

国の政策の下で
民間金融機関の補完を旨としつつ
社会のニーズに対応して
種々の手法により
政策金融を機動的に実施する。

となっています。

 

簡単に言うと
国の政策に基づいて
資金を貸します。
民間金融機関が
お金を貸したがらない部分は
責任を持って貸しますよ
と言っています。

 

そして政府の方針は

アベノミクス<成長戦略2013>
の中小企業・小規模事業者の革新の
成果目標として開業率10%台を
目指すとしています。
(現状4.5%  2004~2009年平均値)

 

とにかくがんばって起業創業してください。

 

どんどん融資しますからというのが
政府の方針です。

 

現場としてはいきなり貸せ貸せと
言われても今までの業務形式や
考えがあるから簡単に行動は
変えられません。

 

だから上からは貸せと
言われているけど現場は
従来通りの融資審査を
しているので抑え気味と
いうのが実際のところです。

 

いきなり貸せと言われても
そんなに簡単に増やせる
ものではないですよね。

 

開業したい人が減っているのに
融資審査を甘くしても
見せかけの開業率が増える
だけでデフォルト(債務不履行)
を増やします。

 

現場は正しい判断を
している気がします。

 

でも起業創業を支援して
融資していこうという
大きな流れは理解してください。

 

積極的に融資していこう
という政策方針があるのならば
後は借りる側の要件が
備わっていれば融資して
もらえるということです。

 

 

日本政策金融公庫を理解するために
日本政策金融公庫 ディスクロージャー誌2017

 

 

 

 

 

自己資金


自己資金の不足で悩んでいる方も
多いと思います。

 

この自己資金をどのくらい保有
しているかは審査にとても
影響を与えます。

 

自己資本の要件は緩和されて
いますがこの部分は厳しく
みられます。

 

実質的には創業時の総事業費の
3分の1は必要と考えるべきでしょう。

理想は2分の1以上です。

 

自己資金が不足するので
何とかしてほしいという
相談が多くあります。

 

基本は自己資金を自力で
準備することをおすすめします。

 

無理に創業するよりは
準備できるまで創業を
見送った方が無難です。

 

自己資金の不足分を
カバーするとなると
返済原資を確保するため
収益性を高めなければ
なりません。

 

事業の収益性と安定性が
担保される創業計画が
必要になりますがそのような
計画書を作るのは現実的では
ありません。

 

また一時的に資金を借り
自己資金に見せる
見せ金を準備する方が
いますが本末転倒ですので
絶対にやめましょう。

 

自己資金が不足するということは
事業の失敗リスクが高まると
判断されますしそうなる可能性は
高まります。

 

融資審査を通過するには
しっかりと自己資金を準備
することです。

 

 

経験能力


創業融資の審査では経験能力を
非常に重視します。

起業の成功は起業家本人の経験や
能力によるところが大きくあります。

 

経験のある業種で創業する方は
その経験とさらには事業に関連する
経歴があればしっかり伝えるように
してください。

 

他業種で開業する場合は
過去の経験と経歴で創業に関連する
内容のものを探して伝えましょう。

 

さらに未経験のギャツプをどのように
カバーするのか具体的に根拠のある
説明をしてください。

 

たとえばフランチャイズに加盟するとか
研修を受けるとか、同業者の店舗で
働いてノウハウを取得するとか
経験者をすでに社員として雇用している
など具体的な対策を明示するようにして下さい。

 

未経験で何の準備もせず創業する
ということであれば審査の評価は
かなり悪くなると言えます。

 

また能力の部分でみられているのが
お金の管理能力です。

 

ここは専門家に委託しているし
難しいからと言ってスルーして
しまうのですが最低限の
経理や財務の知識はインプット
してください。

 

金融機関との面談などで
よく会計士や税理士の先生に
すべてまかせているとか
経理の担当者に任せているので
詳しいことはわかりませんと
堂々と言う経営者の方がいます。

 

何も細かい専門的なことを
聞きたいのではありません。

 

あなたの事業の業績を
最低限経営者の口から
聞きたいだけです。

 

それすらできない経営者って
どうなんでしょうかと
思ってしまいます。

 

 

創業計画書(返済原資)


この創業計画書はとても重要です。
創業融資審査での要になります。
書き方のポイントがわからないから
かもしれませんが安易に記入する
傾向がありますので注意してください。

 

細かいポイントはありますが
まずは数値の根拠を示してしっかり
説明できるようにしてください。

 

創業融資を将来の目線で見ると

しっかり返済できるのか?

返済原資を生む創業計画に
なっているのか?

 

すなわち返済できるのか?

 

ということを担当者は
知りたいのです。

 

それに対して根拠のある
説明ができる創業計画書に
なっていてそれをしっかり
説明できれば問題はありません。

 

月次税引後利益+減価償却費>月次返済額

この数値が確保されていることが重要です。

 

創業計画書に記載されている
数値に信憑性があるかです。

 

ポイントは予測売上高の根拠です。

 

業種の平均売上高をクリアしている
(もちろん利益率など他の指標も)
ことが重要です。

 

多くの方が
見落としてしまうのが
集客方法です。

 

売上を上げていくには集客方法が
確立されていないと難しいのですが
考えられていません。

 

希望的な数値を入れている方が
ほとんどで集客方法など頭に
ありません。

 

集客方法がわからないのに
どうやって売上を上げるのでしょうか。

 

 

 

日本政策金融公庫の創業融資はこの5つのポイントを押さえなさい!【創業融資突破の秘訣】のまとめ


今回説明した5つのことに注意をして
創業融資を獲得してください。

 

日本政策金融公庫では毎日
たくさんの融資審査を実施しており
短期間に効率的に審査がすすめられ
ようノウハウが蓄積されています。

 

それだけに
初回の相談や融資面談は
短い時間でさまざまな
評価が実施されます。

 

事前準備をしっかりしましょう。

 

日本政策金融公庫は
政策の意向を反映して
創業融資に積極的です。

 

自己資金や経験能力
創業計画などがしっかり
基準を満たしていれば
比較的融資を受けやすい
制度になっています。

 

今回お伝えしたポイントを
しっかり押さえて創業融資を
活用してみましょう。

 

  • 初回の相談あるいは審査面談で5割以上は決まる
  • 政策の意向を理解する
  • 自己資金
  • 経験能力
  • 創業計画書(返済原資)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2018 All Rights Reserved.