経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

日本政策金融公庫の創業融資を獲得した人は、実はこんなことに気をつけている

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK

 

創業融資サービスKIK

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

起業・創業を準備している方で
日本政策金融公庫の創業融資の
利用を予定している方も多いのでは
ないでしょうか。

 

心配になるのが融資を
受けられるかどうかが
心配ですよね。

 

ではどうしたら
日本政策金融公庫の
融資審査に受かるの
でしょうか。

 

日本政策金融公庫では
融資審査の基準を
公表していないので
正式な基準や条件は
わかりません。

 

ただし、実際に融資審査に
受かった方の話を聞くと
ポイント・条件となることが
あるようです。

 

日本政策金融公庫の
創業融資審査に受かる
条件としてまとめてみました。

 

  • 創業計画書が重要
  • 面談の印象が大切
  • 日本政策金融公庫の創業融資を獲得した人は、実はこんなことに気をつけているのまとめ

 

 

 

創業計画書が重要


創業起業する場合
営業実績がないので
創業計画書に記入される
内容でほぼ判断される
ことになります。

 

創業計画書がしっかり
作成されており融資担当者から
良い評価が得られれば
融資審査が受かりやすくなります。

 

創業計画書の評価が
創業融資審査に受かる
条件になると言えます。

 

創業計画書の各項目の
作成ポイントを説明するので
参考にしてください。

 

創業の動機

この項目は抽象的で
わかりにくくなりがちです。
なぜこの事業をやるのか
ということを具体的に記入します。

 

融資判断関係ある
ビジネスモデル・経験経歴
独自性・準備・見込顧客などの
内容を入れて担当者に興味を
もってもらい将来の可能性を
理解してもらいましょう。

 

第一印象が大切です。

 

一番最初に読まれる場所
なので工夫して下さい。

 

 

経営者の略歴等

ここで重要になるには
経営者の資質があるか
どうか判断されます。

 

自己アピールをすることも
大切ですが今までのキャリアが
今回の事業を成功させる
ことが出来るという
イメージをもってもらう
内容にします。

 

書ききれない場合は
別紙にて提出しても
よいでしょう。

 

経歴中の年収なども
自己資金の関連で確認
されますので記入した方が
わかりやすくなります。

 

取扱商品・サービス

一般的になり他社と
同じような内容になって
しまいがちですがここは
しっかり差別化をアピールして
他社と違うところを明確に
してください。

 

創業者本人は商品・サービス
を当然理解していますが
はじめて見る融資担当者は
そこからイメージしなければ
なりません。

 

ありふれた内容であれば
記憶に残りません。

 

セールスポイントは
売上の見込みがあることを
示す内容を記入します。

 

すでに会員が何名いるとか
予約が入っているとか
商圏調査を行ったなど
予測売上の根拠になるような
アピールを伝えましょう。

 

 

取引先・取引関係等

販売先・仕入先・外注先などを
記入します。数が多い場合は
一覧表やリストとして提出いたします。

 

注意したいのが
回収や支払い条件です。

 

ここは資金繰りにも
影響するので確認し
説明できるようにして
おきましょう。

 

人件費の支払は
従業員・パート・アルバイトを
雇用する予定があれば記入します。

予定している締め日支払日を
書きます。

 

従業員

事業内容及び事業規模(予測売上)などに
比べて従業員数は適正かどうか確認します。

不足していても過剰であっても
事業に影響を与えます。

適正な人員を確保しましょう。

 

 

お借入の状況

この項目は審査に影響するので
正確に記入する必要があります。

 

個人の住宅ローン・自動車ローン
教育ローン・カードローンなどを
記入します。

 

記入を忘れてしまったり
安易に記入しない方が
いますがしっかり記入する
ようにしましょう。

 

忘れてしまうのは
仕方ないことですが
後から負債額が増えて
しまうのはあまり心証は
よくないでしょう。

 

可能であれば
事前に個人信用情報を
取得して確認して
おきましょう。

 

 

金利の高い消費者ローンや
カードローンの借入は
審査上マイナスになる
可能性が高いです。

 

起業創業を考えてい方は
一括返済などで対応する
ことをオススメします。

 

 

必要な資金と調達方法

設備資金

設備資金は起業するときに
必要な設備が対象になりますので
余分な設備は含めないようにします。

 

設備資金の金額の根拠となる
見積もりをしっかり取得します。

 

また高めの見積もりを提出
して資金を多く調達しようと
する方もいますが内容を
厳しくチエックされますので
注意してください。

 

運転資金

運転資金は見積書等の提出は
ありませんが事業見通しなどとの
整合性が必要です。

売上がなくても毎月
ある程度の支出が発生します。
開業当初は思ったように
売上が上がらないことも
ありますので3ヵ月程度の
運転資金は準備したい
ところです。
(理想は6ヵ月程度)

 

実際に3カ月分が
認められかわかりませんが
必要な運転資金を算出して
創業計画書に計上するように
してください。

 

調達の方法

自己資金の確認が
中心になります。

 

しっかり
説明できるよう
にしましょう。

 

基本的には自己資金で
事業金額全体の1/3確保
できれば理想的です。

 

少なくなればなるほど
審査の評価は厳しく
なります。

 

日本政策金融公庫からの
借入は借入申込書と
同額を記入します。

 

減額を予想して
多めに記入する方も
いますが本当に必要な
金額を記入してその根拠を
創業計画書と面談で説明
しましょう。

 

 

事業の見通し

創業計画書の中でもっとも
重要な項目となります。

 

創業計画書には早期黒字化の
計画数値を記入するのが
ポイントになります。
(3~6カ月)

 

無理なく黒字化の根拠を
示せるようにしましょう。

 

各数値は経験値があれば
それをある程度ベースに
客観的指標を参考に作成
しましょう。

 

日本政策金融公庫のHPで
提供している

小企業の経営指標

を参考にしてください。

 

売上高

単価×客数を使用します。

売上高の算出方法
(コチラを参考にしてください。)

 

売上原価

ご自身の経験値があれば
参考にします。

小企業の経営指標」を
参考にしてあまり
乖離しないように
決めましょう。

 

経 費

ご自身の経験値があれば
参考にします。

業界の平均値を調べて
参考にする。

インターネットで専門家の
HPを参考にする。

下記勘定科目を参考に
経費一覧表を作成して
みましょう。

 

 

 

 

利 益

早期黒字化する計画が望ましいです。

 

売上高-売上原価-経費=利益

 

利益は当初は黒字化しない
こともありますが単月で
下記の利益が確保できる
利益が必要です。

 

利益は税金分を考慮すると
単月の概算で

 

利益×0.6>本人給料+返済元金

 

※法人の場合本人給料が
経費に含まれているときは
上記算式から控除する。

 

上記計算式の利益が
確保できるように
創業計画書を
見直しましょう。

 

創業計画書は1枚の用紙ですが
かなり内容の濃いものに
なっています。

上記のポイントをおさえ
しっかりと作成することを
心がけてください。

 

 

面談の印象が大切


創業計画書を作成して
提出したあとに面談が
実施されます。

 

創業融資の審査で
面談は可否を判断する
重要な部分です。

 

面談で融資担当者が確認したいこと

  • 創業計画書の各項目の確認
  • 創業計画書の不明点を聞きたい
  • 創業者の考え方を聞きたい

 

創業計画書をしっかり作成し
事前に準備しておけば
問題はありません。

 

多少の緊張はありますが
自信をもって面談に
臨みましょう。

 

面談当日気をつけること

 

服装・身なり

面談にふさわしい格好であれば
かまいませんがあまりラフすぎたり
だらしない格好は避けるべきです。

 

常識的な範囲で対応すれば
問題ありませんがスーツで
あれば無難かもしれません。

 

やはり人間見た目の印象が
9割ですからこのあたりも
配慮して心証を良くしましょう。

 

もちろん言葉遣いにも
気をつけてハキハキと
対応しましょう。

 

必要以上なことは話さない

適度にコミュニケーションを
とりながら話すことは大切です。

 

創業計画書を事前に読み込み
準備してきているので
その部分は話しても問題
ありません。

 

ただ質問されていないことは
話さない方が賢明です。

 

特にマイナス情報は
質問されていないので
あれば話す必要はありません。

 

正確な回答をする

質問内容をしっかり
聞き取り質問に対する
回答をしてください。

 

わからないこと・聞こえずらかった
ことに関しては聞き直してください。

 

よくわからないまま回答して
先方の意図している事と
相違すれば心証は悪くなります。

 

またわからないことは
わからないとはっきり
伝えましょう。

 

調べて後日回答する
ものについてはその旨
伝えましょう。

 

嘘をついたり
適当な回答は
避けましょう。

 

面談は一度なので
面談で伝えたことに
信憑性がないということに
なればそれを覆すことは
難しくなります。

 

創業計画書で
伝えきれないことを
面談で補足するように
しましょう。

 

 

日本政策金融公庫の創業融資を獲得した人は、実はこんなことに気をつけているのまとめ


日本政策金融公庫の創業融資に
受かる条件は創業計画書を
しっかり作成して面談でその内容を
補完することにより事業計画を
融資担当者に理解してもらうこと
と言えます。

 

ごくごく当たり前のことですが
融資に受からない人がいるのは
なぜでしょうか。

 

やはり
出来ていないからだと思います。

 

当たり前のことを
当たり前に実行して
みてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資サービスKIK

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2018 All Rights Reserved.