経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

あなたは起業するときの取引銀行選びで、こんな間違いをしていませんか?

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

銀行融資コンサルタントの鳥倉です。

 

給料振込や住宅ローンの
支払いなど個人で取引している
銀行があると思います。

 

起業創業する上で
法人にしろ個人事業にしろ
取引銀行が必要になります。

 

単純に今個人で取引している
銀行にしようと思っている
方もいると思います。

 

それは正解でもあり
不正解でもあります。

 

実はビジネスでは
融資が受けられかどうかと
いうことが重要になります。

 

こちらの記事も参考になります。

失敗しない金融機関とのつき合い方知りたくないですか?これを知らないと資金調達・融資は上手くいかない!【創業・起業偏】

 

融資が受けられるので
あれば正解ですし
受けられないのであれば
不正解と言えます。

 

それではどんな銀行を
選べばよいのでしょうか。

 

絶対的な正解はないのですが
基本的な目安について
以下にまとめてみました。

 

起業創業の正しい取引銀行の
選び方についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

 

  • 銀行の種類
  • 融資を受けやすい銀行はどこ
  • 創業融資で失敗しない取引銀行の選び方まとめ

 

 

 

銀行の種類


普段はあまり気しないと
思いますが、銀行には
分類があります。

 

この分類によって
起業創業に融資を
してくれる銀行が
わかります。

 

分類ごとに説明していきます。

 

都市銀行

都市銀行は普通銀行で都市部を中心に
全国広域に展開している銀行です。
「都銀」「メガバンク」と呼ばれています。

具体的には

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行

 

が都市銀行となっています。

 

起業創業時には預金口座を
開設することは可能ですが
融資を受けるのは難しいです。

 

普通預金の口座開設も
難しいことがあります。

 

起業創業期の
取引銀行としては
対象としない。

 

 

地方銀行

地方銀行は
全国地方銀行協会に
加盟する銀行です。

 

イメージとしては
各都道府県を主力
エリアとしている
感じです。

 

地方銀行とっても
首都圏の地方銀行は
都市銀行に匹敵する
資金を保有する銀行
もあります。

 

起業創業期の
事業者と積極的に
取引しない地方銀行
が多くあります。

 

地域差が大きいので
あなたが起業創業する
エリアの地方銀行に
確認してみましょう。

 

創業期から取引可能で
あればぜひ取引して
みてください。

 

取引時期の目安としては創業から
2~3年で業績が安定してきた
時期にアタックして
みるのが良いでしょう。

 

 

 

第二地方銀行

第二地方銀行は
第二地方銀行協会に
加盟している銀行です。

 

金融庁では地域銀行
第二地方銀行と呼ばれ
ています。

 

地方銀行の規模を
小さくしたイメージです。
都道府県内での営業が
中心になります。

 

地方銀行より規模が
小さいので地方銀行より
起業創業期の事業者との
取引の可能性はあります。

 

地域性があるので
起業創業予定地近郊の
第二地方銀行に確認
してみましょう。

 

信用金庫

信用金庫は信用金庫法によって
設立された地域金融機関です。
「信金(しんきん)」と呼ばれます。

 

都道府県内の一定エリアを
営業エリアにしていて
地域性が強いのが特徴です。

 

はじめての金融機関としては
取引しやすく地域の事業者を
積極的に支援しています。

 

すぐに融資を受けられる
わけではありませんが
比較的早い段階で融資を
得られる可能性が高いです。

 

まずは創業期の取引銀行として
取引を開始してみましょう。

 

 

信用協同組合

信用協同組合は地域性の
強い金融機関の一つで
現在の中小企業等協同組合法の
制定以前から信用組合と
呼ばれていました。

 

現在は「しんくみ」と呼ばれる。

 

都道府県内のいくつかの
市区町村を中心に営業しています。

信用金庫よりさらに
狭いエリアで展開しており
より地域性が強い銀行です。

 

地域密着で地域内の事業者を
積極的に支援しています。

 

創業融資についても
他の銀行より積極的な信組も
多く創業期に取引を開始し
融資も依頼してみましょう。

 

 

 

融資を受けやすい銀行はどこなのか


銀行の種類を見てきましたが
分類は規模と営業エリアの
大きさにほぼ比例しています。

 

規模の大きい
都市銀行・地方銀行は
資金量もあり大企業と
取引が強い傾向があります。

 

逆に第二地方銀行
信用金庫・信用組合は
規模が小さく資金量も
限定されるので
地域にある事業者と
取引することで効率的に
収益を高めています。

 

正直都市銀行や地方銀行に
創業相談してもあまり相手に
してもらえないでしょう。

 

起業創業時の銀行取引優先順位は
(将来の融資も考えて)

  1. 信用組合
  2. 信用金庫
  3. 地方銀行・第二地銀
  4. 都市銀行

 

 

まずは
創業予定地の
信用組合・信用金庫から
銀行取引をはじめてみましょう。

 

 

もちろん
都市銀行や地方銀行と
取引開始できるので
あればそれも可能です。

 

 

預金口座開設程度の取引に
なるかもしれませんが
きっかけが大切です。

 

 

 

あなたは起業するときの取引銀行選びで、こんな間違いをしていませんか?のまとめ


普段個人で何気なく
利用している銀行ですが
ビジネスで取引を考えると
なかなか難しいことがあります。

 

まずは足を運びやすい
信用組合や信用金庫と
取引を開始して
実績を積みながら
地方銀行や都市銀行に
取引を拡大していきましょう。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.