経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

警告!これを読む前に日本政策金融公庫の創業融資面談に行っては行けません。

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

銀行融資コンサルタタントの鳥倉です。

 

起業・創業する時に不足資金を
日本政策金融公庫の創業融資
で調達を検討されている方も
多いのではないでしょうか?

 

創業融資の審査で
ポイントになるのが
創業計画書と面談です。

 

創業計画書は事前に
調査してまとめること
ができます。

 

問題になるのが面談です。

 

基本的には創業計画書の
各項目を中心に質問されます。

 

何を聞かれるか
わからないので
心配という方のために
質問が予想される
項目をまとめたみました。

 

必ず質問されるとは
限りませんが重要な
項目を網羅しているので役に
立つのではないでしょうか。

 

  • 創業の動機
  • 事業経験・経歴
  • 提供する商品・サービス
  • 取引先・取引条件(売上・仕入先)
  • 必要資金
  • 調達方法
  • 創業計画と見通し

 

 

創業動機


どういう目的で
何をやりたいか
明確にしましょう。

 

今までの勤務経験を活かし
さらにキャリアアップしたい。

など積極的な内容が評価されます。

 

  • 創業は思いつきでなく計画性はあるか
  • 創業によって実現させたいことは何か
  • 創業する事業内容が時流に合っているか
  • 家族の理解は得られているのか

 

 

 

事業経験・経歴


創業を予定している事業の経験
知識・関心はあるのかなどを
明確にしましょう。

 

経験のある業種であれば
そのことをしっかり伝えます。

 

逆に経験が浅かったり
経験がない場合は
どのようにカバーするのか
明確にしましょう。

 

 

  • 経営者になるスキル・知識を身にけているか
  • 勤務経験は十分あるのか
  • 勤務時代のどんな実績があるのか
  • 転職回数が多い場合は転職理由は適切か

 

 

提供する商品・サービス


商品・サービス・提供方法など
について競合との差別化・特色を
明確にしましょう。

 

さらに集客方法についても
説明できるようにしましょう。

 

  • 提供する商品・サービスの業界は今後どうなっていくのか
  • 提供する商品・サービスの開業地域や競合店の状況は
  • 商品・サービスのセールスポイントは何か
  • 商品・サービス以外のセールスポイントは何か

 

 

取引先・取引条件(売上・仕入先)


顧客や仕入先や取引条件を
明確にしましょう。

ターゲットとなる顧客や
安定した仕入ができるか
がポイントになります。

 

店舗・事務所・従業員等
の確保やその予定があれば
説明できるようにしましょう。

 

  • 顧客ターゲット層は明確になっているか
  • 店舗・事務所の場所は適正な場所か
  • 仕入先は信頼できる業者か
  • 必要な従業員確保のめどは立っているのか

 

 

 

必要資金


創業に必要な資金を見積もり
どのくらいの資金が必要か
理解する必要があります。

 

創業に必要な設備備品
経費などに無駄なものが
ないか確認し事業に関係ない
ものは除外します。

 

残った設備備品や必要な
経費がなぜ必要か具体的に
どのように使用されるのか
明確にしましょう。

 

 

  • 創業予定地の店舗・事務所家賃や保証金などは適切か
  • 設備・備品や工事費などの金額は適切か
  • 創業時の広告宣伝費・人材募集費などの運転資金は適切か
  • 創業直後の赤字補填金(運転資金)を把握しているか

 

 

 

調達方法


適正な事業計画と適正な自己資金
借入金によりスムーズに
事業が展開されます。

 

自己資金が多いことは
創業事業の健全性が
高まります。

 

創業資金の調達は
主に自己資金と
日本政策金融公庫の
融資になります。

 

過度な借入金返済負担は
事業を圧迫しかねません。

 

事業に負担のない
資金調達を心がけましょう。

 

  • 自己資金は事業主が貯めたものか
  • 自己資金の蓄積過程は通帳などで確認できるか
  • 自己資金の蓄積過程に問題はないか
  • 自己資金が少なく借入依存が高くないか

 

 

創業計画書と見通し


まずはご自身が納得できる
創業計画書になっているか
確認します。

 

確認した創業計画書が
金融機関などの第三者から
客観的に評価されことが
大切です。

 

 

客観的に評価を得られる
創業計画か確認し必要に
応じて修正し完成度の
高い創業計画書を
日本政策金融公庫に
提出しましょう。

 

提出した創業計画書の
内容をしっかり理解して
確認しましょう。

 

 

よく専門家に創業計画書の
作成を依頼して内容をあまり
理解していない方がいますが
しっかり自分の言葉で説明
できるようにしましょう。

 

  • 予想売上高の根拠を説明できるか
  • 予想売上高が楽観的な数値になっていないか(過大に)
  • 必要経費の計上が少なくないか・もれていないか
  • 無理なく借入返済ができる利益は確保されているか
  • 利益が少ない・赤字の場合補填できる資金はあるか(預金等)

 

 

 

警告!これを読む前に日本政策金融公庫の創業融資面談に行っては行けませんのまとめ


日本政策金融公庫の
創業融資審査において
1時間程度の面談が
行われます。

面談は融資可否の
重要なポイントになります。

 

面談内容は創業計画書の
内容確認が中心に
行われます。

 

今回の7つの質問事項も
創業計画書を意識した内容に
なっており特別な質問は
ありません。

 

創業計画書を
しっかり考えて
作成していれば
面談に回答できる
事項ばかりです。

 

この点を踏まえて
しっかり事前準備をして
面談に臨みましょう。

 

良い結果を期待しています。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2019 All Rights Reserved.