経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

開業資金の専門家/創業融資の専門家

創業融資で不安な人必見!ブラックリストでも公庫の審査を通過するコツ

アバター
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

日本政策金融公庫で創業融資を
受けようと思ったとき気になるのが
過去の支払延滞や債務整理など
による個人信用情報のことです。

 

いわゆる

ブラックリスト

と呼ばれる情報です。

 

創業融資審査への影響や
対応方法について以下に
まとめてみました。

 

  • ブラックリストって何ですか?
  • 公庫の創業融資審査への影響は
  • ネガティブ個人信用情報(ブラックリスト)の対応方法
  • 公庫の創業融資審査を通過するコツ~ブラックリストの対応方法のまとめ

 

 

 

ブラックリストって何ですか?


よくブラックリストに載って
いるのでお金を借りられない
というような話をよく聞きます。

 

でもブラックリストなるものは
存在しないってご存知ですか。

 

一般的には次のようなことを
ブラックリストに載ると表現
しています。

 

クレジットカードや各種ローンなどの
延滞や債務整理が発生した場合に
延滞情報や事故情報として
個人信用情報機関の個人情報に
登録されることをブラックリスト
に載ると言います。

 

 

金融機関は融資審査時に
この個人信用情報機関に
登録されている個人情報を
照会して審査の判断資料
としています。

 

金融機関の融資審査時に
延滞や債務整理の情報が
あればお金を貸してくれません。

 

 

延滞情報や事故情報は
一定期間記録される
ことになります。

 

 

記録される期間は
おおむね下記の期間に
なります。

 

  • 延滞情報 5年程度
  • 任意整理 5年程度
  • 自己破産・個人再生 10年程度

 

 

金融機関では
延滞情報・事故情報
の登録期間中、融資などを
制限しています。

 

 

 

公庫の創業融資審査への影響は


個人信用情報機関に
延滞・事故などの
ネガティブ情報があれば
日本政策金融公庫の創業融資
審査にマイナスの影響が
あるのは間違いありません。

 

審査の判断は各金融機関に
よって多少違いがあります。

 

都市銀行など大きな
金融機関であればブラック
であればダメという
ところもあります。

 

それでは
日本政策金融公庫の
スタンスはどうでしょうか。

 

日本政策金融公庫の借入申込書
裏面には以下のような記載があります。

日本政策金融公庫 借入申込書 裏面

 

 

 

この記載内容によると
日本政策金融公庫では
必要に応じて個人信用情報機関
利用するとあります。

 

また返済能力の情報については
返済能力の調査の目的に限ると
あります。

 

必要に応じてとありますので
ブラックだからすぐダメという
解釈ではないようです。

 

 

返済能力の調査の目的に限ると
ありますので過去にブラック
だからというより今どのくらいの
債務があってどのくらい返済
しているのか、さらに融資を
しても毎月返済できるのかという
視点で判断しています。

 

 

ただし過去に何度も延滞したり
債務整理等の事故から日が
経っていなければ返済能力に
問題ありとされる可能性は
高くなりますので注意してください。

 

 

 

 

ネガティブ個人信用情報(ブラックリスト)の対応方法


日本政策金融公庫ではまず自社の
データーベースで延滞や債務整理等
がないか確認します。

 

ここに情報があれば日本政策金融公庫の
融資は無理だと理解してください。

 

創業融資の場合は
問題はないと思います。

 

 

個人信用情報を取得して確認する。

ブラックリストの心配がある方を
含めて創業融資を利用したい方は
まず自分の個人信用情報を
確認することをオススメします。

 

あなたが気が付いていなかったり
忘れている情報がある場合があります。

 

 

実際にあった事例としては

携帯電話の通信料の延滞です。

 

金額も少ないし厳しい督促もないので
ついつい支払いが遅れることがあります。

 

でも気をつけなければならないのが
この引き落としの中に携帯端末の
割賦金が含まれている場合
個人信用情報として延滞情報が
登録されてしまいます。

 

 

また金融機関などで誤った情報を
登録してしまい本人が知らないうちに
ブラックリストになっていることが
実際に発生しています。

 

 

金融機関で気づいて修正する
ことはないので本人が
気が付いて修正しない限り
ブラックのままになって
しまいます。

 

 

まずは下記の個人信用情報機関に
自分の情報を請求して確認しましょう。

 

【個人信用情報機関】

株式会社シー・アイ・シー

全国銀行個人信用情報センター

株式会社日本信用情報機構

 

 

信用個人情報の伝え方

取り寄せた個人信用情報を
確認して延滞や事故情報が
なければ問題ありません。

 

問題は
延滞や事故情報がある方です。

 

過去の登録金額が大きかったり
発生時期からあまり
日が経っていない場合は
融資はかなり難しくなります。

 

融資担当者にブラックリスト
情報を伝えるかどうかは
個々のケースバイケースに
よります。

 

というのは融資担当者は
審査の必要に応じて
個人信用情報を利用するので
情報を事前に見ている場合も
あるし見ていない場合も
あるということです。

 

このあたりの判断は
難しいと思いますので
税理士・コンサルタント
などの専門家に相談する
ことをオススメします。

 

 

創業融資で不安な人必見!ブラックリストでも公庫の審査を通過するコツのまとめ


日本政策金融公庫で創業融資を
申し込む前に個人信用情報を
確認しましょう。

 

自分の延滞情報・事故情報などの
ブラックリスト掲載を確認
します。

 

 

下記の個人信用情報機関
から個人信用情報を取得できます。

【個人信用情報機関】

株式会社シー・アイ・シー

全国銀行個人信用情報センター

株式会社日本信用情報機構

 

 

日本政策金融公庫の創業融資審査では
延滞情報・事故情報などの
ブラックリスト=即ダメでは
なく支払能力など総合的に審査を
した中で判断されます。

 

過去に日本政策金融公庫で延滞や債務整理等の事故があった場合は融資は難しい。

他の金融機関でも延滞が繰り返されるたり発生時期が最近であったりなど
支払能力に問題ありと判断されれば融資は難しい。

 

 

ブラックリストの場合
マイナス評価されますが
融資の可能性はゼロでは
ないので資金調達先として
検討してみましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高200億円以上の支援を行う。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 創業融資コンサルタントのブログ , 2019 All Rights Reserved.