経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

創業融資に役立つ金融機関の選び方

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK


創業融資サービスKIK


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

これから
起業を目指すあなたは
資金の準備は万全でしょうか?

 

創業・起業時に
みなさんが不安に思うのが

 

やはり資金のこと

 

ではないでしょうか。

 

創業・起業した当初は
少ない自己資金を上手く
活用しながらビジネスを
すすめていくことになります。

また創業・起業前から
資金調達を検討している
人も多くいます。

 

資金は銀行から
融資してもらうという
ことはわかりますが

 

どんな銀行から
借りれば良いのでしょうか?

 

起業家が創業起業時に不安に思っている
金融機関の選び方について以下にまとめてみました。

 

 

  1. どんな金融機関があるのか?
  2. どの金融機関と取引を開始すればよいのか?
  3. 取引金融機関の付き合い方
  4. まとめ

 

 

どんな金融機関があるのか?


事業に必要な資金を
調達先は金融機関になります。

金融機関というと
わかりにくいですが

単純に

銀行

といえばわかりいやすい
のではないでしょうか。

 

実は銀行にも種類や
特徴があり取引規模
などに応じて適切な
取引金融機関を
選定する必要があります。

 

大別すると次の2つになります。

  1. 政府系金融機関
  2. 民間金融機関

 

政府系金融機関

事業資金を融資してくれる
金融機関は主に以下の
2つの公庫となります。

創業融資関係は
日本政策金融公庫が
取り扱いますので
貿易で起業する人は
日本政策金融公庫を
検討しましょう。

  1. 日本政策金融公庫
  2. 商工組合中央金庫

 

 

民間金融機関

通常銀行といわれていますが
特徴による分類されています。

 

  • 都市銀行
    大都市に本店をかまえ広域に展開している
    銀行。みずほ銀行、東京三菱UFJ銀行
    三井住友銀行、りそな銀行が該当します。

 

  • 地方銀行
    一般社団法人全国地方銀行協会の
    会員である銀行。このほかに
    一般社団法人第二地方銀行協会の
    会員である銀行を第二地方銀行として
    区分する場合もあります。

 

  • 信用金庫信用金庫法による会員の出資による
    営利を目的としない地域金融期間である。
    営業地域は一定エリアに限定されており
    大企業や営業地域外の企業・個人には
    融資できない特徴があります。

 

  • 信用組合
    基本的には銀行や信用金庫と
    同じ業務をおこなっている。
    信用金庫の営業地域をさらに
    狭くしたエリアで活動しています。

 

 

どの金融機関と取引を開始すればよいのか?

政府系金融機関、都市銀行、地方銀行
信用金庫、信用組合などの金融期間が
あることがわかりました。

 

アマゾン輸出入ビジネス実践者が
創業時にどの金融機関と
取引すればよいのでしょうか?

 

あなたの希望もありますが
通常は次のようなパターンで
スタートすることになります。

 

創業時にはやはり
日本政策金融公庫
取引の中心となります

 

このほかに
地方銀行、信用金庫、信用組合
などから1行選ぶのがよいでしょう。

 

個人の取引状況や
知り合いからの紹介などが
あれば考慮して決めてください。

 

まったくわからない場合は
あなたが居住している地域の
信用金庫や信用組合に相談
することをおススメします。

 

事業の状況にも
よりますが創業後
業績が向上していく
のであれば創業時の
金融機関にさらに
1行追加していきましょう。

 

  1. 日本政策金融公庫
  2. 地方銀行
  3. 信用金庫(信用組合)

 

こんな組み合わせです。

 

さらに業容が拡大していく
ようであれば都市銀行も
視野に入れていくように
しましょう。

 

創業期は事業の実績がないので
預金口座開設のみ取引になることも
ありますが融資取引を目指して
事業の実績を積み上げていってください。

 

 

取引金融機関のつき合い方


起業家が創業するときに
しっかり金融機関を決め
取引していくことが
事業を成功させる
ポイントになります。

 

事業が拡大していく過程で
必要になるのが資金です。

 

中長期の視点で
資金をしっかり融資
してくれる関係を
金融機関と築くことが
重要になります。

 

預金口座を開設し
取引をスタートしたのち
どんなことに注意
しなければならない
のでしょうか。

 

経営者として財務の知識は必要

会計士や税理士のように
専門的な知識は必要ありませんが
経営者として最低限の
財務知識は必要です。

 

財務知識がない経営者の場合
この人に融資して大丈夫だろうか
と銀行の担当者は不安を感じています。

 

よく経理のことは税理士に任せて
いるのでわかりませんという
経営者に会いますが評価は
良い評価にはつながらないので
気を付けてください。

 

 

情報公開は積極的に行う。

売上が下がったり
利益が減少するなど
マイナス情報は
銀行に伝えたくない
という人も多いと思います。

 

でもプラス情報も
マイナス情報も
積極的に公開しましょう。

 

むしろマイナス情報ほど
積極的に公開すべきです。

 

銀行が知りたいのは
マイナスの情報です。

 

マイナス情報の原因が
どんなことに起因して
どのような対策をするのか
ということを銀行は
知りたいのです。

 

情報公開をしっかりすることが
銀行の信頼を作り出します。

 

担当者とコミュニケーションをとる。

預金口座を開設しただけでは
銀行との信頼関係は深まりません。

 

まして融資の時だけ
お願いする人が
多くいますが
銀行からすれば
積極的に対応して
くれないと思います。

銀行の担当者も人間です。

 

接触回数が多ければ自然と
コミュニケーションも良くなり
相談に乗ってくれます。

 

月1回程度はアポイントを取り
担当者に会う時間を
作ってもらいましょう。

 

話の内容は次に説明する
月次決算報告などが
良いと思います。

 

年次・月次決算報告をする。

銀行が気にするのは
やはり業績です。

事業は1年単位で
決算をして報告書を
提出します。

年次決算時には
年間の業績報告することと
次年度の計画や方針を
しっかり報告しましょう。

 

銀行融資を受けると
年次決算書しか
提出しない経営者が
いますがそれでは
銀行の信頼は得れません。

 

ここはしっかり
毎月の月次決算報告を
提出しましょう。

 

毎月報告して今期の決算業績は
このぐらを見込んでいます
などを伝えることにより
銀行担当者はあなたの
事業を認識してくれる
ようになります。

 

毎月のコツコツとした
積み上げが銀行の信頼を
向上させてくれます。

 

 

融資の相談は事前になるべく早めに行う。

緊急に資金が必要になることが
あると思いますが可能であれば
3~6ヵ月ぐらい前から
この時期にこのぐらいの資金が
必要になるので協力してほしい
と伝えましょう。

 

銀行はお金を
貸すのが仕事だから
融資の稟議決裁が下りれば
すぐ融資してくれるだろうと
自分の都合ばかり優先する
経営者がいますが計画性が
ないと思われ心象は
よくありません。

 

創業起業する
アマゾン輸出入ビジネス実践者の
皆さんは計画的な融資を
提案して銀行の信頼を
構築してください。

 

 

 

まとめ


これから創業する
創業・起業者にとって
資金調達や融資はとても大切なことです。

 

特に金融機関とどのように取引を
開始したらよいかわからい人も
多いと思います。

 

創業起業時に融資を考えて
いる場合は

日本政策金融公庫

を中心に考えます。

 

スタートとしては
居住地エリアにある
信用金庫・信用組合に
相談して取引をスタート
してみてはいかがでしょうか。

 

金融機関との取引を
考えいる人は
以下のことに注意して
金融機関を選定して
お付き合いしてみてください。

あなたに合った金融機関との
取引がスタートできれば
あなたの創業企業は成功に
近づくことになるでしょう。

 

  1. どんな金融機関があるのか?
  2. どの金融機関と取引を開始すればよいのか?
  3. 取引金融機関の付き合い方
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2020 All Rights Reserved.