経済産業省認定  経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号)

失敗しない起業・創業情報

女性起業家が東京都の制度融資を利用する3つのメリット

アバター
WRITER
 

創業融資サービスKIK

 

創業融資サービスKIK

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

あなたは制度融資という
言葉を聞いたことがありますか?

 

実は地方自治体が
創業起業を支援する
融資制度を意味しています。

 

起業家向けの融資として
よく利用されるもので、自治体による
制度融資(創業融資)があります。

実際には自治体が直接融資を
行うわけではなく、自治体、信用保証協会、金融機関の
3者が協力をして中小企業の資金調達の円滑化を
図ろうとする制度です。

(出典 ドリームゲート)

 

創業起業するときに
中心となるのが
日本政策金融公庫の
融資ですが、女性起業家を
目指すあなたはぜひ
自治体制度の融資
について知っておいてください。

 

各地方自治体には
それぞれの制度融資が
ありますので興味のある方は
ホームページで確認してください。

 

都道府県名+創業融資

市区町村名+創業融資

などで検索できます。

 

地方自治体の中でも
女性、若者、シニアを対象とした
東京都の創業サポート事業・制度融資制度が
充実していますので紹介します。

 

 

※東京都内に本店又は主たる事業所を
 置く創業事業であること

 

女性起業家には
次のようなメリットが
ありますので制度利用を
考えてみてはいかがでしょうか。

 

  1. 創業に負担の少ない優遇された融資条件
  2. 創業融資前後の経営サポートが手厚い
  3. ビジネスモデル理解の柔軟性が高い

 

 

創業に負担の少ない優遇された融資条件


男性は、若者(39歳以下),シニア(55歳以上)
の年齢条件があります。
女性には年齢条件が
ありませんので
創業する方すべてが
対象となります。

 

創業起業を目指すとき
心配になるのが
資金のことですね。

 

でも安心してください。

 

融資条件がとても
魅力的です。

 

 

融資について

【融資条件】

  1. 融資限度額:1,500万円以内(運転資金のみは750万円以内)
  2. 利率(年):固定金利1%以内ご返済期間:10年以内<うち据置期間3年以内>
  3. 担保:無担保保証人:法人…代表者個人または不要 個人事業主…不要

 

<制度について>本事業は、東京都が
東京都信用金庫協会・東京都信用組合協会を通じて、融資原資を
信用金庫・信用組合に預託することで、有利な条件での
融資を実行する事業です。

また、アドバイザーの活動は、東京都の補助金を活用して行っております。

(出典 東京都創業サポート事業 ホームページ)

 

融資申し込みについて

取扱い信用金庫

取扱い信用組合

 

 

無担保・無保証で
最大1500万円までの
融資が可能です。

 

利率が固定金利で1%以下で
返済期間は最長10年まで
据え置き期間も最大3年まで
設定可能です。

 

※据え置き期間とは
融資を受けてから
融資の返済が開始
されるまでの猶予期間です。

 

創業間もないころは
何かと大変なので
借入金の返済を
少し待ちますよと
いうものです。

 

創業起業時は
事業が軌道に乗るまで
3~6カ月程度は
かかるものです。

 

低金利で据え置き期間が
あるのはとても心強いです。

 

返済期間が長く取れると
返済元金の支払いを
抑えられます。

 

たとえば

【借入金300万円の場合】

5年返済(60回)
300÷60=5万円
毎月元金5万円+利息を
返済します。

 

10年返済(120回)
300÷120=2.5万円
毎月元金2.5万円+利息を
返済します。

 

 

 

創業融資前後の経営サポートが手厚い

なにか事業を始めようと
思ってもわかないことが
たくさん出てきます。

 

 

スタートから事業が
軌道に乗るまで
誰に相談したら良いのか
悩ましいところです。

 

 

でも安心してください。
創業の不安を解消して
事業に専念できる
サポートを提供してくれ
るのも安心です。

 

 

 

創業助成金について

東京都の女性・若者・シニア創業サポート事業の
融資利用者は、(公財)東京都中小企業振興公社が
実施している創業助成事業の申請要件を
満たすことになります。
創業助成金を申請する
ことが可能になります。

 

公財)東京都中小企業振興公社の
創業助成金について詳しく知りたい人は
コチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

経営サポート

創業前のサポート

 

 

  • 創業に関する個別相談(3回まで)
    創業融資を検討している人を
    対象に個別アドバイスをします。

 

融資後の経営サポート

融資後もアドバイザー
経営をサポートします。

 

  1. 融資実行日から最大5年間無料サポートが受けられます。
  2. 経営アドバイス年3回受けられます。
  3. 決算書作成アドバイス2回受けられます。
    融資後1年目のみが対象
    になります。

 

アドバイザーの一覧はコチラ

 

東京都で創業するときに役立つ情報

 

  • 東京都創業NET東京都産業労働局が
    提供しているWEB情報
    サイトです。東京都の創業に関して
    とても充実したサイトに
    なっています。

 

  • 東京商工会議所東京都以外にも
    創業融資全般に
    関して網羅的に
    情報を提供しています。

 

 

  • 東京創業ステーション東京都の外郭団体である
    東京都中小企業振興公社が
    運営するWEB情報サイト。創業支援の情報が
    充実していますが
    中でも女性起業の支援を
    積極的に展開しています。女性起業ゼミ

 

 

 

 

ビジネスモデル理解の柔軟性が高い


起業家数が圧倒的に多いのが
東京都です。

 

東京都の起業家数

 

起業にふさわしい環境や
インフラが整っていると
言えます。

 

起業するときに
気になるのが資金調達です。

 

いわゆる融資です。

 

起業家が多いということは
それだけ融資が円滑で
あるとも言えます。

 

融資審査や創業起業支援を
する側の審査レベルが高く
知識が豊富なので創業起業に
柔軟な対応ができるという
ことではないでしょうか。

 

近年はインターネットの
普及や浸透による様々な
ビジネスモデルが生まれて
います。

 

 

新しいビジネスモデル
の知識がなければ
創業起業の融資審査や
経営支援などできません。

 

 

でも実際には
まだまだ旧態依然や
一般的なビジネスモデルしか
知らない保守的な金融機関や
自治体が多いのも事実です。

 

 

それだけに
せっかくインターネット
を利用したあたらしい
ビジネスモデルで
創業起業しようとしても
担当者の理解力や知識不足から
融資審査が通らなかったり
経営支援サポート受けられない
ということが起こります。

 

 

創業融資が円滑に
すすまなくなります。

 

 

その点を考えると
東京都や都内の
金融機関は新しいビジネス
モデルをたくさん見ており
柔軟な対応をしてくれます。

 

 

創業起業の案件数も
多くこなしているので
円滑で手際よく手続きを
すすめてくれるので
安心です。

 

 

特に女性起業家の場合
優れた感性を持ち
時代の先端を進むような
新しいビジネスモデルを
発想考案することも
多いと思います。

 

 

女性起業家が
安心して利用できる
東京都の制度融資は
おススメです。

 

 

女性起業家が東京都の制度融資を利用する3つのメリットまとめ


女性起業家には
以下3つのメリットが
ありますので東京都の
制度融資を利用してみては
いかがでしょうか。

 

  1. 創業に負担の少ない優遇された融資条件
  2. 創業融資前後の経営サポートが手厚い
  3. ビジネスモデル理解の柔軟性が高い

 

 

日本全体で
女性創業起業を支援する
制度が作られていますが
実際にはあまり機能して
いない実態がありがっかり
してしまうことが多いです。

 

そんな中で
財政面で余裕のある
東京都の創業起業支援は
とても充実しています。

 

 

東京都内で創業を考えている
女性起業家は積極的に
検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

女性・若者・シニア創業サポート事業の
概要は下記になりますので
参考にしてください。

 

東京都女性・若者・シニア創業サポート事業ホームページパンフレットより抜粋 (https://cb-s.net/tokyosupport/common/doc/flyer.pdf

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
経済産業省 経営革新等認定支援機関 (関財金1第457号20180620関東第94号」 【レグルス経営研究所】 代表 鳥倉孝盛 創業融資コンサルタント (貿易大学講師) 会計事務所・企業で経営財務・経営企画 資金調達・融資のエキスパートとして トータル獲得融資残高は200億円以上。 自らの起業・新規事業支援の経験を活かし 融資を成功させる事業計画作成を支援する。 起業創業を準備している個人・法人の 創業融資・資金調達のサポートを継続中。
詳しいプロフィールはこちら

創業融資サービスKIK

Comment

  1. 女性が起業するときに気になる融資のまとめ | アマゾン物販ビジネスの融資ガイド より:

    […] 女性起業家が東京都の制度融資を利用する3つのメリット […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 最強の創業融資プロ , 2020 All Rights Reserved.